知って得するソウル地下鉄4つのこと

2015.06.10 09:00

意外と知られていないソウル地下鉄のあれこれ

写真説明

ソウル旅行に欠かせない交通手段といえば地下鉄!そこで今回は旅行客にも役に立つソウル地下鉄の意外と知らないお役立ち情報をご紹介します!

1.ホームの方向を間違えたら

ソウル地下鉄の駅によっては、進行方向別で改札がわかれている駅があります。方向を間違えて改札を通ってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

 

ソウル地下鉄では、同じ駅の同じ改札から5分以内に出て、行きたい方向の改札からまた入れば追加料金なく乗換えが可能です。

 

※交通カードまたは定期券でのみ可能。

※交通カード乗換可能回数、全4回中1回にカウントされます。

2.持ち物に制限がある

ソウル地下鉄には持ち込んではいけないものがあるって知ってましたか?以下の項目をチェックして地下鉄マナーを守りましょう!

 

持ち込んではいけないもの

  • 悪臭で他の乗客に不快感を与えるもの
  • 列車の運行に支障を与える可能性がある風船類
  • 縦、横、高さの辺の合計が158cm以上、または重さが32kgを超える物品 (ただし、車いす、ベビーカー、折りたたみ式自転車は除外)
  • 火薬類、高圧ガス、引火性液体など爆発、火災の恐れがある物品
  • 動物(ただし盲導犬は除く)

3.落し物をしたときは

もしも落し物をしたときは以下のことを知っておくと、よりスムーズに落し物を探すことができます。

 

1.電子掲示板を見て、次に来る列車番号(掲示板の電車に記されている数字)を確認する

2.下車時間を確認する

3.下車位置の番号を確認する(足元三角印の中の数字)

4.駅の職員に問い合わせる

 

遺失物センター

1,2号線:市庁駅/3,4号線:忠武路駅

利用時間:平日:07:00~22:00 週末・公休日または利用時間外は 市庁駅、 忠武路駅の駅職員に問い合わせてください。

4.駅の出口番号は時計回りでつけられている

ソウルの地下鉄1番出口を基準として時計回りの方向に番号がつけられています。複数の線が通っている駅の場合、数が若い線の1番出口が基準となって、そこから時計回りに番号がついています。(一部駅に例外あり。)

 

写真説明

いかがでしたか?ソウル観光にとっても便利な地下鉄をより快適にご利用ください!

ソウルメトロホームページ

http://www.seoulmetro.co.kr/

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2015.06.11 14:19
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(1

  • へぇ~!知りませんでした! 
    改札の方向間違ってしまっても、5分以内なら無料で反対側の改札に渡れるんですね。便利。
    出口が時計まわりに付いていることも初めて知りました( ..)φメモメモ

 
最近見た記事
一覧見る