仁川空港カプセルホテル遂にオープン

2017.01.16 13:42

仁川国際空港にカプセルホテル「ダラク・ヒュー(休)」が20日オープン!

写真元:ウォーカーヒル仁川国際空港カプセルホテル「ダラク・ヒュー(休)」HPより

 

今月20日、仁川国際空港の交通センター1階にカプセルホテル「ダラク・ヒュー(休)」が遂にオープンします。「ダラク・ヒュー(休)」は、ウォーカーヒル系列のカプセルホテル。交通センター1階の東・西サイドにそれぞれ30室ずつ全60室で構成されています。個室内にはベッドとシャワー設備が備えられており、トランジットや深夜便の利用客が待機時間を有意義に過ごし、寛ぐことが出来る空間となっています。

ルームタイプ、客室構成、利用価格

ルームタイプは1人室(1.9坪 = 6.3㎡)、2人室(2.9坪 = 9.6㎡)の2種類で、それぞれベッドのみのタイプと、ベッド+シャワータイプで構成されています。

各客室には高級マットレスが備えられており、気持ち良い寝心地を体感できます。また、高感度無線インターネット、Bluetoothスピーカーもあり、シンプルながらも快適に過ごせます。荷物は客室内の保管スペースを利用し、保管が可能。大きい荷物についてはフロントにて申し付ければ別途保管スペースの案内を受けられます。

「ダラク・ヒュー(休)」ではアプリを利用したチェックイン、チェックアウト、客室内の照明や温度の調整も可能と、IT最新設備を駆使し、スムーズなホテルステイを提供しています。

また、音の大きさに気を配り、40デシベル以下に抑えた騒音遮断システムによって、図書館のような静かな空間をつくり、短時間の利用でも深い安らぎを得られるように工夫しています。

 

客室利用料金は下記の通りです。

 

基準 利用時間 1人室価格(ベッド / ベッド+シャワー) 2人室価格(ベッド / ベッド+シャワー)
8:00~20:00 3時間 23,100W / 26,400W 31,500W / 36,000W
21:00~07:00 12時間 55,000W / 60,000W 69,000W / 75,000W

※時間追加は1時間当たり4,000W

※デイユース(8:00~20:00)ご利用客は最大9時間利用可能。

※オーバーナイト(21:00~7:00)の時間追加要請は、当日の客室状況によるため現場でのみ可能

※デイユース(8:00~20:00)の時間範囲外の利用は、オーバーナイトの価格を適用

施設内にはシャワールーム、ビジネスセンターあり

カプセルホテル1階のロビーラウンジには、24時間運営のフロント、ビジネスセンターがあります。

ビジネスセンターは、7:00~24:00まで利用できます。インターネットは勿論、プリント、FAX、スキャンも利用でき、急ぎの業務に便利です。

 

また、シャワーの無いベッドのみのルームタイプ利用客のために、シャワールームがあります。

シャワールーム内には、シャンプー、ボディーシャンプーが備えられており、タオルは客室に備えられています。

利用方法

日本ではいち早く空港に取り入れているカプセルホテル、韓国では今月より遂に利用が可能になります。

深夜便、早朝便を利用しての1泊2日、2泊3日の短期旅行や、出張等で韓国に来られる方は、空港での待機時間を今後は「ダラク・ヒュー(休)」を利用して有意義に過ごしてはいかがですか?

 

現在、「ダラク・ヒュー(休)」の宿泊予約は、公式ホームページにて可能です。

「ダラク・ヒュー(休)」公式ホームページ:https://www.walkerhill.com/capsulehotel

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2017.01.16 14:40
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る