不眠症続出「悪魔のスヌーピー」

2016.04.26 14:16

スヌーピーお願いだから眠らせて!最恐のコーヒーミルク話題

今、GS25から販売中の「あるドリンク」が韓国のSNS上で話題になっています。

そのドリンクには、世界中で愛されているキャラクター「スヌーピー」がドーナッツとマグカップを手にしている絵がかわいらしく描かれ、「より濃いコーヒーミルク」とタイトルが書かれています。

注目したいのはパッケージ下段のテキスト。

 

 

パッケージ下段には、「高カフェイン含有(カフェイン含量 237mg)」と書かれています。

エナジードリンクでおなじみの「レッドブル」缶1本(250ml)のカフェイン含量が80mg、コーヒーショップのアメリカーノも1杯当たり90mg程度が含まれているのに比べると、相当の量であることが分かります。

注意書きにも、子どもや妊婦、カフェインに敏感な方は摂取に注意するよう書かれています。

 

「悪魔のスヌーピー」と呼ばれるようになったワケ

大学の中間試験を前に「一夜漬けモード」に突入した大学生を中心に、「スヌーピー牛乳」がクチコミでたちまち広がりました。韓国のSNSには「効果がある!」というレビューにとどまらず、「もう頼むから寝たい」という人も続出。中には、「眠ろうとするとスヌーピーにドーナッツで殴られるような味」と描写する人も。

その結果、「悪魔のスヌーピー」「死のスヌーピー」という不本意なニックネームまで付いてしまいました。

 

カフェイン量は誇張されすぎ?

スヌーピー飲料の「濃厚」シリーズは、全部で4種類。他にも、チョコミルク、バナナミルク、ストロベリーミルクがあります。生みの親であるGS retailの関係者によると「このような反応は予想だにしていない事態」とのことで、「既存のコーヒー牛乳よりも濃厚なコーヒー牛乳を求める消費者のニーズに応えるべく発売したもの」「他の飲料が200~250ml程度であるのに対し、500mlと量が多いため、カフェインの量も高く見えるだけ、カフェイン爆弾ほどではない」とのこと。SNSで話題が広まるにつれ誇張されている部分も否定できません。

 

スヌーピー牛乳は、全国のGS25で購入が可能です。大学生街のコンビニは売り切れのところが多いですが、大学生街から離れたところなら購入が可能でしょう。SNS上での人気の高さが分かります。

 

可愛いパッケージとのギャップが面白い商品

パッケージが可愛いのに対し、内容にギャップがあるところが魅力のスヌーピー牛乳。

もし、韓国でスヌーピー牛乳を見かけたら、本当に眠れなくなるか、一度試してみてはいかがですか?

 

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2016.04.26 15:08
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る