2020年1月の韓国映画

2019.12.31 14:11

新年を飾るこの2本をぜひ見てほしい! 「2020年1月の韓国映画」

あのポン・ジュノ監督の最新作『パラサイト 半地下の家族』が早くも日本に上陸する。第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝き、韓国内で1,000万人を動員した超注目作。韓国社会の光と影を面白く、そして恐ろしく描いている。

一方の『エクストリーム・ジョブ』は韓国で1,600万人もの観客を動員し、歴代の興行収入No.1となったアクションコメディーだ。

『パラサイト 半地下の家族』

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 

映画あらすじ

過去にたびたび事業に失敗し、失業中の父キム・ギテク(ソン・ガンホ)。そんな甲斐性なしの夫に強くあたるのは元ハンマー投げ選手の母チュンスク(チャン・ヘジン)。息子のギウ(チェ・ウシク)は大学受験に落ち続け、娘ギジョン(パク・ソダム)も予備校に通う金すらない。しがない内職で日々を繋ぐ彼らは“半地下住宅”で暮らす貧しい家族だ。

ある日、名門大学生のミニョク(パク・ソジュン)がギウを訪ねてくる。「家庭教師のアルバイトをしないか?」と。

ギウが向かったのは高台に建つ大豪邸。IT企業のパク社長(イ・ソンギュン)の自宅だった。家政婦に案内されて広々としたリビングに進むと、そこには若く美しい妻ヨンギョ(チョ・ヨジョン)の姿も。すべてに圧倒されながらもギウは、パク家の末っ子を見て思いつく。「もう一人、紹介したい家庭教師がいるんです」と。

後日、彼とともに豪邸を訪れたのは妹のギジョンだった。急速に一家の信用を得たギジョンはある仕掛けをするが―。

 

公式サイト: http://www.parasite-mv.jp/

 

「高台の豪邸」と「半地下の部屋」、滑稽で悲しい物語

前半はコメディーと思って遠慮なく笑っていい。だが、そうしているうちに後半ではいつの間にか笑えなくなってくる。気づいたときにはとんでもなく深い闇に引きずり込まれている。前半で笑わせていた分、後半での予測不能な展開が残酷とさえ思えた。

映画のディテールにとことんこだわるポン・ジュノ監督の演出は韓国で“ポンテール”と呼ばれている。ぜひ劇場で韓国社会にある目には見えない“階級社会”と、スクリーンならではの興奮を感じてほしい。

写真説明

『パラサイト 半地下の家族』
(原題:『寄生虫』/2019年/韓国/132分)

2020 年1 月10日(金)、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

「共生」するつもりが、いつしか「寄生」する家族。

『エクストリーム・ジョブ』

 (c) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED

 

映画あらすじ

昼夜問わず駆けずり回る麻薬捜査班だが、実績は最低。挙句の果てにチーム解体の危機を迎えてしまう。

リーダーのコ班長(リュ・スンリョン)は麻薬を密輸している国際犯罪組織の情報をつかみ、イム・ベ(シン・ハギュン)をマークする。チャン刑事(イ・ハニ)、マ刑事(チン・ソンギュ)、ヨンホ(イ・ドンフィ)、ジェフン(コンミョン)の4人と共に張り込み捜査を開始。なんと組織のアジト前にあるチキン店を引き継ぎ、偽装営業まですることに。

ところが、絶対味覚を持つマ刑事の隠れた才能により、思いがけずチキン店が繁盛してしまう。名店と噂されて店は連日大忙し。気づけば捜査は後回しになっている。

そんなある日、ついに麻薬捜査班にも絶好のチャンスが訪れるが―。

 

公式サイト: http://klockworx-asia.com/extremejob/

 

初笑いはぜひ本作で!

韓国での観客動員数が1,600万人を超え、歴代興行収入No.1となった作品。韓国ギャラップが行った「韓国人がこれまで見た中でもっとも印象深かった韓国映画」の第一位にも選ばれた。ちなみに、2位は『バトル・オーシャン/海上決戦』と『国際市場で逢いましょう』。

というわけで、韓国映画を語る上で外せない作品だが、本作に出てくるチキンは韓国の国民食。そうした背景もあっての大ヒットなので、あまり期待しすぎずに見に行くのがいい。

写真説明

『エクストリーム・ジョブ』
(原題:『極限職業』/2019年/韓国/111分)

2020年1月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

本業じゃないのに嬉しい悲鳴!?

text:児玉愛子

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2019.12.31 15:00
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る