日本で上映される今月の韓国映画

2018.09.07 09:21

主役を張れる名優たちが勢揃い! 豪華なキャストで衝撃の実話に臨んだ「今月の韓国映画」

今月、日本で全国公開となる韓国映画はわずか1本と寂しいが、この1本に登場するのは主演級の俳優ばかり。ソル・ギョングやカン・ドンウォンといった大物俳優までが実在した人物を熱演。舞台挨拶でカン・ドンウォンは「今も心が痛い」と涙するほどの力の入れようだった。

『1987、ある闘いの真実』

(c)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

 

映画あらすじ

1987年1月―。それはソウル大学の学生パク・ジョンチョル(ヨ・ジング)の死から始まった。軍事政権への反政府デモが激化していた頃で、取り調べを受けていた学生が命を落としたのだ。

報告を受けたパク所長(キム・ユンソク)は死因を心臓麻痺として火葬を命じる。だが、ソウル地検公安部長のチェ検事(ハ・ジョンウ)は法律通り「解剖」を言い渡すのだった。しかもチェ検事の後輩がこの件を新聞記者にリーク。「取り調べ中の大学生ショック死」という衝撃のスクープが流れ、大騒動へと発展していく。

拷問死を否定する警察だが、東亜日報の記者(イ・ヒジュン)に死因をスッパ抜かれると状況は一変。大統領府からの命令で、パク所長の部下(パク・ヒスン)らが逮捕されるのだった。

この国家ぐるみの陰謀に人々の我慢は限界に達する。民主化を求める声がより高まり、大学生イ・ハニョル(カン・ドンウォン)らも立ち上がるが、さらなる悲劇が―。

 

公式サイト http://1987arutatakai-movie.com/

 

 

日本がバブルに浮かれていた頃、韓国でこんなことが起きていたなんて

あまりにも残酷すぎて信じられないが、本作は1987年に起きた実話を基に描かれている。冒頭で亡くなるパク・ジョンチョルも、カン・ドンウォンが演じたイ・ハニョルも韓国では誰もが知る人物で、彼らの犠牲の上に民主化が実現したともいえる。

 

頭に催涙弾を受けて流血するイ・ハニョルの写真は当時、韓国社会で大きく報じられ国民に衝撃を与えた。カン・ドンウォンも迫真の演技でこのシーンを再現しており、観客の心を震わせる。

 

写真説明

『1987、ある闘いの真実』
(2017年/韓国/129分)
2018年9月8日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

主要キャストで紅一点のキム・テリ。現在、韓国で放送中のドラマでイ・ビョンホンと共演中!

text:児玉愛子

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.09.07 09:26
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る