三清洞にブルーボトル2号店OPEN

2019.07.05 16:43

7月5日、三清洞に景福宮と夕日を眺められるブルーボトル2号店がオープン

 
5月にオープンした聖水洞1号店に続き、7月5日きょう2号店が韓国の伝統と情緒を感じられる三清洞にオープン。隣には、国立現代美術館ソウル館、東には昌徳宮があり、店内3階からは景福宮を眺めることができます。
 
ブルーボトルは2002年カリフォルニア州オークランドで創業したスペシャルティコーヒーブランド。
生産性より1杯のコーヒーにこだわったブルーボトルは、「コーヒー界のApple」とも呼ばれるほど。
昨年6月に設立されたブルーボトルコリアは日本に続いて2番目の海外法人となります。
1号店に続き、2号店もスキーマ建築計画 長坂常氏によって設計され、現代的な白い外観の3階構造で、時間帯別に変化する自然光と周辺の風景を鑑賞できるようにデザインされました。
 
店内は木造とレンガを基調にモダンながらぬくもりを感じる「温かいミニマリズム」というブルーボトルの空間哲学が反映されています。
 
2号店本館の右側には昔からある韓屋をリモデリングした別館が。
ピンクとミントカラーをインテリアに取り入れ、本館とはまた違うポップでカラフルな雰囲気を演出しています。別館は7月末から予約制で運営されるとのことです。
 
ブルーボトル2号店には韓国でしか購入できないメニューやグッズもあるため、日本や本場アメリカで行ったことがある方も、そうでない方も、新しくできた2号店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
 
なお、ブルーボトルは今年末までに江南区駅三洞江南Nタワーにも3号店をオープンする計画とのことです。
 
ブルーボトル三清洞2号店位置
삼청동 북촌로 5길 76(三清洞 北村路 5キル 76)

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2019.07.08 16:05
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る