秋夕期間は4大古宮の入場料が無料!

2017.09.14 09:51

秋夕期間は4大古宮と文化財、展示館などを無料開放

10月の秋夕(チュソク)を挟んだゴールデンウィークの間、景福宮をはじめ4大古宮と文化財、展示館などが無料で開放されます。
 
韓国政府は12日に、今月30日から来月9日まで「秋夕の文化・旅行週間」として、景福宮昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮など4大古宮と宗廟国立現代美術館、国立自然休養林などを無料で開放すると発表。
 
これ以外にも、全国の主要文化財、休養林、展示館などの入場料が最大で50%割引になります。
 
また、韓国の主な映画館では臨時公休日の10月2日に平日の料金を適用することにし、2~4名の秋夕パッケージとして観覧チケットを10~30%割引価格で販売します。
 
地方自治体もまた、平昌百日紅祭り、安東国際タルチュム(仮面踊り)フェスティバルなど40余りの地域行事を秋夕の文化・旅行週間に開催し、主要観光地の入場料や駐車料を免除、または最大50%割引します。
 
今回の連休には全国の流通、製造、サービス業者が全て参加する「コリアセールフェスタ」と約200箇所の伝統市場が参加する「秋夕グランドセール」も開かれる予定。
 
秋夕期間中、家族でのお出かけが増加することを考え、消費を活性化させるために政府の支援に基づき、様々なセールが行われるようです。9月30日から始める10日間のゴールデンウィークはいつにもまして賑やかな連休となりそうです。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2017.09.14 16:41
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る