紫園大飯店

Purple Garden Hotel

紫園大飯店

 0/0人  |  人気指数 2,102

お気に入りに追加:0
  • 紫園大飯店住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 紫園大飯店住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市大同區南京西路18巷30號

  • 紫園大飯店電話電話: 

    02-2555-7178

  • 紫園大飯店FAXFAX: 

    02-2559-2735

  • 紫園大飯店チェックイン/アウトチェックイン/アウト: 

    14:00 / 12:00

  • 紫園大飯店日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 紫園大飯店ホームページホームページ:  http://www.purplegarden.com.tw

価格はエコノミークラスのまま、ほどほどに心地よく過ごせる宿

価格はエコノミークラスのまま、ほどほどに心地よく過ごせる宿、紫園大飯店。中山駅から徒歩圏内。こぢんまりとしたホテルで、外観だけ見ると年季の入ったホテルのようだが、中へ入るとキレイ。紫園大飯店の受付では英語が通じ、これまで経験した安宿に比べると親切。
隣にあるカフェらしきものを覗いていると、そこは朝食をとる場所だといい、朝食券をくれた。エレベーターは2階まで階段で上がってから乗る。2階までは荷物を持たなければならない。部屋に入ると、まあびっくり。近代的な部屋!外観とのギャップに驚き。おそらく最近改装したのだろう。ここは欧米人客が多いのか、部屋にはビーチサンダルがなかった。
シャワールームには浴槽こそないが、シャワーカーテンすらないボロ宿に比べたらましです。
カーテンどころか、仕切りドアがある。何といってもトイレがスムースに流れる点が心強い!LAN用モジュラジャックまであった。階上にはコインランドリーもある。
最も近代性を感じたのは、カードキーのカードが部屋の電源スイッチになっていること。ここにカードを入れると自動的に部屋内の全電源がONになる。ゆえに、外出中は省エネになるということ。外出中に部屋を冷やすなどの行為はできないが、これは画期的。私が知らないだけで今や普通のことなのだろうか。しかし、このシステムに気づくまでかなりの時間を要し、あやうくフロントに電話するところだった。
翌朝、朝食券を持って併設のカフェへ。入ってみると薄暗く人もほとんどいなかったが、出された粥セットは美味!!!付け合わせの小皿がいちいち美味しい。マンゴーか何かの乾燥もの、白菜のおひたし、ピリ辛豆腐、ピーナツをごま油で炒めたもの。朝食に粥を食べる習慣が台湾にはあるようで、それを今回初体験したようだ。

 

紫園大飯店の客室情報

ここの客室情報を紹介してください。

紫園大飯店の客室備品

あり 不明 なし
テレビテレビエアコンエアコン電話電話冷蔵庫冷蔵庫
無料ミネラルウォーター無料ミネラルウォーターコーヒーメーカーコーヒーメーカーポットポットお茶セットお茶セット
ミニバーミニバースリッパスリッパドレッサードレッサークローゼットクローゼット
アイロンアイロンセーフティーボックスセーフティーボックス110Vコンセント110Vコンセント変圧器変圧器
加湿器加湿器浄水器浄水器ルームサービスルームサービスキチネット(簡易台所)キチネット(簡易台所)
パソコンパソコン無線LAN カード無線LAN カード無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(無料)無線・Wi-Fi(無料)
有線LAN(無料)有線LAN(無料)有線LAN(有料)有線LAN(有料)デスクデスク衛星テレビ/ケーブルテレビ衛星テレビ/ケーブルテレビ
ビデオゲームビデオゲーム電子レンジ電子レンジ扇風機扇風機エレベーターエレベーター
清掃サービス清掃サービス   

紫園大飯店の浴室&トイレ

あり 不明 なし
タオル大タオル大タオル中タオル中タオル小タオル小バスローブバスローブ
シャンプー・リンスシャンプー・リンスボディーソープボディーソープ石鹸石鹸シャワーキャップシャワーキャップ
歯ブラシ&歯磨き粉歯ブラシ&歯磨き粉ヒゲソリヒゲソリ化粧水化粧水乳液乳液
くし・ブラシくし・ブラシドライヤードライヤーコットンコットン綿棒綿棒
浴槽浴槽ジャグジー付き浴槽ジャグジー付き浴槽シャワーシャワー共同バスルーム共同バスルーム
ウォシュレットウォシュレットコインランドリー(洗濯機)コインランドリー(洗濯機)  

紫園大飯店のPLUS情報

ここのPLUS情報を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中山駅・二つ星)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.30 13:56
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る