ラッフルズ ホテル

Raffles Hotel

ラッフルズ ホテル シンガポール

Raffles Hotel Singapore

 4.6/4人  |  人気指数 2,055

お気に入りに追加:2
  • ラッフルズ ホテル住所(日本語)住所(日本語): 

    1ビーチ・ロード シンガポール 189673

  • ラッフルズ ホテル住所(現地語)住所(現地語): 

    1 Beach Rd Singapore 189673

  • ラッフルズ ホテル電話電話: 

    6563371886

  • ラッフルズ ホテルFAXFAX: 

    6339-7650

  • ラッフルズ ホテルチェックイン/アウトチェックイン/アウト: 

    14:00 / 12:00

  • ラッフルズ ホテル日本語/可・不可日本語: 

  • ラッフルズ ホテルホームページホームページ:  http://www.raffles.com/singapore/

多くの人が1度は宿泊してみたいと思う全室スイートの世界的に有名なホテル

Raffles Hotelシンガポールに来たら、多くの人が1度は宿泊してみたいと思う全室スイートの世界的に有名なホテル。シンガポールの最高級ホテルで、グッドウッド・パーク・ホテルとならぶ伝統的なコロニアルホテルでもあり、1887年開業のホテル内部もすばらしい。世界中に星の数ほどある高級ホテルのなかにあり最も高い評価を得ている。開業当初はビーチハウスという名前であり第二次世界大戦時には日本軍の宿泊施設となり昭南旅館と名を変えたそう。

現在ラッフルズホテルのあるブロックはラッフルズホテルとラッフルズホテル・アーケードという商用施設とで構成。このブロックは全体が写真一枚目のような感じで覆われ、他のシンガポールの街並みとは一線を画すようなつくり。 ホテル正面は、ここの車寄せ砂利がこだわりを感じ、ホテルのロビーは、1989年から2年間かけて全面改装をしたそうだが当時の趣をしっかりと残しつつ最先端の技術を導入しているそう。広くて、天井も高くて、静かなのが印象。

◆客室

各部屋には専用の執事がいて、ちょっと部屋から外出しただけでも、きちんと部屋の中をきれいに整えてくれる。タオルの交換などは他のホテルでもあることだが、テーブルの上に読みかけの本が広げたままだったならば、本の間にしおりを挟んでくれるという、細やかな気配りもある。

 

◆付帯施設

ここのホテルに宿泊していなくても、ショッピングアーケードを訪れる人も多いとか。

このホテルの名物といえば、ロング・バー(LongBar)のカクテル。1915年、シンガポールのラッフルズ・ホテルのバーテンダーが最初に作ったジンベースのシンガポールスリング発祥のバーがここの2階にあり、多い日には1日1000杯出るとか。店内はとってもカジュアルなバーで、天井には電動のうちわが申し訳程度に風を送ってくれる。また、名物スナックの皮付きピーナッツは、注文せずとも、最初からテーブルに枡いっぱいに置いてあり、皮は床に捨てるのが常識。しかもこれが、絶妙な塩気があって美味。

       

 

 

 

 

ラッフルズコートヤードと呼ばれる商用施設側の中庭にあるガゼボ・バーなるところで。シンガポールスリングはオーダーできるようだがロング・バーで飲むのが定番。アーケードの方は数々の有名ブランドが軒を連ねラッフルズホテルのミュージアムやホテルで使用されているグッズや、ホテルオリジナルのグッズなどが販売されている。また、2階にあるショップは主にミュージアムになっていて、恐らく著名人がホテルに宛てた手紙やらホテルにまつわる数々のものが展示。ちらのショップはメインがミュージアムなのでグッズのほうは、さほど置いてないので、グッズを買うなら1階のショップがお勧め。

ルームサービスも有名で、ここの名物カレーであるティフィンカレーも絶品。その他、一番シンガポールらしいハイティーが味わえるのもここのホテル。ここは、3段トレイも出てくるが、ビュッフェもあってトレイに乗っていないものも置いてある。シンガポールの伝統を守ることを意識してか、他のハイティーとは少し違って、英国風のサンドイッチやスコーンだけでなく、肉まんやミーゴレンといった中華やマレー料理もビュッフェに出ている。また、お菓子類も、現代風に洗練されたものというより、伝統的なという形容詞が似合うような味付けのものばかり。

ラッフルズ ホテルの客室情報

編集履歴
  • グランドホテルスイート
     
  • ラッフルズ・スイートベットルーム
     
  • パームコートスイート
     
  • コートヤードスイート
     
  • ラッフルズ・インク・ステートルーム
     
  • サマセット・モームスイート
     
客室数:103

ラッフルズ ホテルの客室備品

あり 不明 なし
テレビテレビエアコンエアコン電話電話冷蔵庫冷蔵庫
無料ミネラルウォーター無料ミネラルウォーターコーヒーメーカーコーヒーメーカーポットポットお茶セットお茶セット
ミニバーミニバースリッパスリッパドレッサードレッサークローゼットクローゼット
アイロンアイロンセーフティーボックスセーフティーボックス110Vコンセント110Vコンセント変圧器変圧器
加湿器加湿器浄水器浄水器ルームサービスルームサービスキチネット(簡易台所)キチネット(簡易台所)
パソコンパソコン無線LAN カード無線LAN カード無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(無料)無線・Wi-Fi(無料)
有線LAN(無料)有線LAN(無料)有線LAN(有料)有線LAN(有料)デスクデスク衛星テレビ/ケーブルテレビ衛星テレビ/ケーブルテレビ
ビデオゲームビデオゲーム電子レンジ電子レンジ扇風機扇風機エレベーターエレベーター
清掃サービス清掃サービス   

ラッフルズ ホテルの浴室&トイレ

編集履歴
あり 不明 なし
タオル大タオル大タオル中タオル中タオル小タオル小バスローブバスローブ
シャンプー・リンスシャンプー・リンスボディーソープボディーソープ石鹸石鹸シャワーキャップシャワーキャップ
歯ブラシ&歯磨き粉歯ブラシ&歯磨き粉ヒゲソリヒゲソリ化粧水化粧水乳液乳液
くし・ブラシくし・ブラシドライヤードライヤーコットンコットン綿棒綿棒
浴槽浴槽ジャグジー付き浴槽ジャグジー付き浴槽シャワーシャワー共同バスルーム共同バスルーム
ウォシュレットウォシュレットコインランドリー(洗濯機)コインランドリー(洗濯機)  

ラッフルズ ホテルのPLUS情報

編集履歴

付帯施設情報


■レストラン&バー

・Royal China at Raffles(中国料理)
・Long Bar Steakhouse(プランテーション ステーキハウス)
・Doc Cheng's(創作アジア料理)
・Raffles Creamery(アイスクリーム、お飲み物、スナック)
・Ah Teng's Bakery(ホームメイドクッキーなどのスイーツのデリカ )
・Empire Cafe(シンガポール料理)
・Tiffin Room(カレービュッフェ, ハイティービュッフェ)
・Bar & Billiard Room(インターナショナルビュッフェ、アフタヌーンティー)
・Long Bar(スナック, お飲み物  ※シンガポールスリングはこちら)
・Gazebo Bar(カクテルバー)
・Raffles Grill(フランス料理)
・Seah Street Deli(ニューヨークスタイルのデリ)
・Raffles Culinary Academy(クッキングスクール)
・Pool Bar(カクテルバー※滞在者のみ利用可能・1日中営業))
・Writer's Bar(カクテルバー)

 

 

・Seah Street Deli

(ニューヨークスタイルのデリ)

・Raffles Courtyard

(シーフード料理)

Long Bar

(シンガポールスリング)

・EAST INDIA ROOMS

 

 

 

 

 

・JUBILEE ・TIFFIN    

 

 

 

 

■その他

・プール

・ラッフルズホテルショップ

・ラッフルズホテル博物館

・RafflesAmrita Spa Suite

・Casuarina Suites

・Jubilee Hall



フロアー情報


■フロアー案内

1階-中庭、ショップ

2階-ロング・バー、ショップ

3階-ラッフルズホテル博物館



役立つ情報


■その他付帯施設

・ラッフルズホテルのハイティー

中でも「ティフィンルーム」でのハイティーは、人気があり事前に予約が必要なんだそう。
席につくと、三段トレイがが出て、お茶をセレクト。どれも 紅茶ばかり。
マンゴーティーが結構美味しくて、カフェイン苦手なのを忘れてしまうくらい飲んでしまえる。
三段トレイのほかに、ビュッフェ でフルーツ、フライドライス、焼そばが食べることができる。面白いことに、おしるこ(ぜんざい?)あり。

 

 ・ラッフルズホテルのロング・バー

天井

カクテル  ビール  つまみ

 天井も・・・ウチワでパタパタ〜情緒ある。

 そしてこのカクテル〜このロング・バーが発祥。「シンガポール シィリング」と言うカクテル。今や世界のスタンダード!

 タイガービールもながい。

 各テーブルにはピーナツが山済み。これをつまみに。そしてピーナツの殻でテーブルを汚しながら食べるのがこのバーの流儀らしい。

 レシピ表  キーホルダー    

レシピ表まで・・・・・ジンベース。

ホテルのオフィシャルグッズ販売店でお土産を物色。ここのグッズは人気だとか。ロング・バーのキーホルダー。

 

 

 

・ラッフルズホテルのBar&Billiard Roomランチ・ブッフェ

Bar&Billiard Room シーフード 肉料理 デザート

通常のブッフェではなくOktoberfestが開催中

シーフードも充実 牡蠣を10個くらい皿にのせている人がいた。 

オーダーでカットしてくれる肉料理(ドイツ風)も数種類。

料金は58SGD(3800円)サ・税別。ドリンク別料金味はふつうで。

 

 



他情報


■その他サービス

・24時間コンシェルジュ

・ 24時間バトラー

・ 24時間ルーム

■周辺情報

チャイムス

・サンティックシティ

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.03.10 09:46
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る