スプリングパーク ウーライ スパ&リゾート

Spring park urai spa & resort

春秋烏來渡假酒店

 0/0人  |  人気指数 2,166

お気に入りに追加:0
  • スプリングパーク ウーライ スパ&リゾート住所(日本語)住所(日本語): 

    新北市烏来区堰堤3号

  • スプリングパーク ウーライ スパ&リゾート住所(現地語)住所(現地語): 

    新北市烏来區堰堤3號

  • スプリングパーク ウーライ スパ&リゾート電話電話: 

    886-2-2661-6555

  • スプリングパーク ウーライ スパ&リゾートFAXFAX: 

    886-2-2661-6559

  • スプリングパーク ウーライ スパ&リゾートチェックイン/アウトチェックイン/アウト: 

    14:00 / 12:00

  • スプリングパーク ウーライ スパ&リゾート日本語/可・不可日本語: 

  • スプリングパーク ウーライ スパ&リゾートホームページホームページ:  http://www.springparkhotel.com.tw/

烏來温泉の完全なプライベート空間の最高級リゾート

エクステリアスプリングパーク ウーライ スパ&リゾート(春秋烏来渡假酒店)は、烏來温泉の完全なプライベート空間の最高級リゾート。2002年10月に誕生したこのリゾートは、自然森林に囲まれた緑深い渓谷とエメラルド色に輝く川を望む隠れ家のような存在。アロマテラピー・スパやハイドロテラピー・プール、露天風呂を完備したクアハウス、全室温泉付バスルームなど最高の設備が用意されている。

客室は全部で23室だけ。12歳以下の子供はお子様は宿泊不可、ホテルには宿泊者以外の一般客は入館禁止と、完全なプライベートスペースを保つ大人のリゾート。日ごろ忙しく仕事をしている地元の方やカップル、作家、芸能人などが訪れるそう。

温泉街までも徒歩圏内。台北市内や桃園国際空港から車で約50分。

スプリングパーク ウーライ スパ&リゾートの客室情報

ここの客室情報を紹介してください。

スプリングパーク ウーライ スパ&リゾートの客室備品

あり 不明 なし
テレビテレビエアコンエアコン電話電話冷蔵庫冷蔵庫
無料ミネラルウォーター無料ミネラルウォーターコーヒーメーカーコーヒーメーカーポットポットお茶セットお茶セット
ミニバーミニバースリッパスリッパドレッサードレッサークローゼットクローゼット
アイロンアイロンセーフティーボックスセーフティーボックス110Vコンセント110Vコンセント変圧器変圧器
加湿器加湿器浄水器浄水器ルームサービスルームサービスキチネット(簡易台所)キチネット(簡易台所)
パソコンパソコン無線LAN カード無線LAN カード無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(無料)無線・Wi-Fi(無料)
有線LAN(無料)有線LAN(無料)有線LAN(有料)有線LAN(有料)デスクデスク衛星テレビ/ケーブルテレビ衛星テレビ/ケーブルテレビ
ビデオゲームビデオゲーム電子レンジ電子レンジ扇風機扇風機エレベーターエレベーター
清掃サービス清掃サービス   

スプリングパーク ウーライ スパ&リゾートの浴室&トイレ

あり 不明 なし
タオル大タオル大タオル中タオル中タオル小タオル小バスローブバスローブ
シャンプー・リンスシャンプー・リンスボディーソープボディーソープ石鹸石鹸シャワーキャップシャワーキャップ
歯ブラシ&歯磨き粉歯ブラシ&歯磨き粉ヒゲソリヒゲソリ化粧水化粧水乳液乳液
くし・ブラシくし・ブラシドライヤードライヤーコットンコットン綿棒綿棒
浴槽浴槽ジャグジー付き浴槽ジャグジー付き浴槽シャワーシャワー共同バスルーム共同バスルーム
ウォシュレットウォシュレットコインランドリー(洗濯機)コインランドリー(洗濯機)  

スプリングパーク ウーライ スパ&リゾートのPLUS情報

編集履歴

付帯施設情報


●レストラン

・Soyan餐廳 (上階と下階)
ゲストだけ利用できるレストラン。ヨーロッパスタイルのセットメニュー。

屋外プールサイドにも出られる下階では、プライベートパーティーも開ける。

夜景を見ながら食事が楽しめる。

 

・Siliq Cafe 思珈琲廳

一般のお客さんも利用できるレストラン。

 

●その他の付帯施設

・屋外プール

冬は温水プールになる。

 

・SPA



他情報


・周辺には、ウーライがあります。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(士林・天母・四つ星)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る