進記家

 0/0人  |  人気指数 1,779

お気に入りに追加:0

200年前ほどに建てられた広東出身の漁師の家

ホイアンの古い町並みにあるタンキーの家(進記家)。進記家は、200年前ほどに建てられた中国、広東出身の漁師の家だそう。2階建の代表的な建築様式である。日本と中国の建築様式が入り混じった様子は大変美しいと有名。進記家内部の柱や梁は中国様式、格子は日本様式、その装飾はすばらしく、一見の価値がある。また、黒檀や鉄刀木などを使った豪華な調度品も見ることができる。進記家入り口の上の2つの丸は悪霊の侵入を防ぐ、「眼」だそう。毎年のように洪水があり、その時には進記家1階が水没するらしく大変だそう。

雨季の洪水時には床上2メートル浸水したこともあるそうで、その時の跡が家の中にも残っている。

進記家の楽しみ方

編集履歴

ホイアン観光チケットが必要
 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ダナン・名所)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る