隆山寺

Longson Temple

 0/0人  |  人気指数 1,827

お気に入りに追加:0

中国風の本殿と三十塔が見どころ

別名ロンソン寺とも呼ばれる隆山寺。1889年に創建され、その後修復を重ね、現在の立派な姿になった。隆山寺の見どころは、中国風の本殿と三十の塔。隆山寺の本殿に入るとハスの花に囲まれたブッダの座像がある。その壁面には、仏教説話を描いたものがある。隆山寺の後ろの山を上っていくと、街を見下ろすかのように巨大な白い仏像が座っている。ここからは眼下に広がる田園風景が見られる。街中にいたら、こんな近くに田んぼがあるなんで想像出来ないくらい。

また、隆山寺には横たわった大きなブッダがいた。「どこからきたのー??」と聞かれたあと、写真撮ってくれたおじちゃんがいた。ここがベストだって場所を指定されてポーズしたのだが「1ダラー」って。言い訳して退散した。おじちゃん、このお寺の人ではなかったのか。

隆山寺の楽しみ方

編集履歴

・入場料無料

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中部高原(ダイグエン)・王宮・寺院)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る