ダイファー

DAI PHAT

 0/0人  |  人気指数 1,583

お気に入りに追加:0

プノンペン風の麺屋

ダイファー」(DAIPHAT(大發)PHNOMPENHSOUPNOODLE)。ダイファーの入口には、漢字で金邊裸條と書いてあった。金邊とは、カンボジアの首都プノンペンの事。プノンペン風の麺のようだ。実は『裸條』は、台湾のベトナム料理屋で食べた事があり、くずきりのような麺だったことを記憶している。今回は、金邊麺を注文した。ダイファーのスープはあっさり系、醤油味風だった。もともと具沢山なのだがさらに葉っぱがどっさり!この辺はベトナム麺に相通ずるものがある。カンボジアとは陸続きのお隣の国だからだろう。

麺は、細めんなのだが、妙にゴムっぽいコシがあった。表面がちょっとヌルヌルしていて、単に茹で方が下手なだけなのだろうか。まあ、それなりにおいしかった。日本人には割と受け入れられそうな感じだ。

ダイファーのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ホーチミン・麺類)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る