麺屋一燈

Menya Iittou

メンヤイットウ

麺屋一燈

 0/0人  |  人気指数 668

お気に入りに追加:0
  • 麺屋一燈住所住所: 

    東京都葛飾区東新小岩1-4-17

  • 麺屋一燈電話電話: 

    03-3697-9787

  • 麺屋一燈営業時間営業時間: 

    11:00~15:00(スープ・麺切れ時終了)/18:00~22:00(スープ・麺切れ時終了)

  • 麺屋一燈定休日定休日: 

    月曜日(祝祭日でも休み)

  • 麺屋一燈カードカード: 

    不可

  • 麺屋一燈ホームページホームページ:  http://kiseki-dream.com/
大きい地図で見る

JR総武本線「新小岩駅」下車、北口から徒歩3分

アイデアマンなので、工夫を凝らしたラーメンが食べられる麺屋一燈

 
新小岩の「麺屋一燈」は、元大黒屋本舗・平井店の店長さんをしていた坂本氏がオープンさせたお店です。アイデアマンなので、工夫を凝らしたラーメンが食べられるかも。店舗前には、二重の行列が発生。列の最後尾に並ぶと、店員さんから、食券を先に購入するように指示があります。

厨房を観察していたら、ほとんどの工程を店主さんが自ら行っていました。
ラーメン作りにかける意気込み、とみ田さん譲りなのでしょう。

「芳香香味そば」は、塩と醤油が曜日替わりなのだそうです。

麺屋一燈のオススメメニュー

編集履歴

*芳香香味そば(醤油)750円、中盛50円、チャーシュー豚と鶏ミックス240円、丼200円

旨味は感じられるけど、塩の時のような豊潤な香りが弱い。繊細な味なので、好みが分かれる。
ローストビーフのように赤いチャーシューは、相変わらずインパクトがあります。真空低温調理という手法で調理しているらしい。
非常に柔らかく、ブタの旨味が濃厚でうまうま。 

「しっとりチキンのカレーまぶし丼とろ~りチーズ添え」というミニ丼は、半生状態の鶏肉にカレーがマゼマゼされているお品。
カレーがあまりまぶされていないので、味が薄い。「とろ~りチーズ添え」って書いてあったけど、どこを探しても、チーズが添えてない。
しかも、温かい状態かと思ったら、具が冷え冷え。かなり期待外れの味。

 

 

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(東京・麺類)の記事に7名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.03.24 12:15
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る