ひら井

Hirai

ヒライ

 0/0人  |  人気指数 1,260

お気に入りに追加:0
  • ひら井住所住所: 

    東京都墨田区緑1-14-5

  • ひら井電話電話: 

    03-3631-0826

  • ひら井営業時間営業時間:  未入力
  • ひら井定休日定休日:  未入力
  • ひら井カードカード: 

  • ひら井ホームページホームページ:  未入力

リーズナブルでおいしい。昔ながらの洋食屋。

両国で昼御飯。レトロな洋食屋を見つけた。京葉道路沿いにある「ひら井」だ。

佇まいから、昭和の侘び寂が感じられた。唯一店のドアが自動ドアなのが、自分を平成へ引き戻した。

店内に入った。店内もかなりの年代を感じる造りだ。メニューを見ると、カレー、オムレツ、カツレツ等の洋食の他に、カツ丼や親子丼等の丼物やめん類もあった。壁には、「冷し中華」の紙も貼られていた。普通の町の食堂といったところか。

ポークソテー950円とライス200円を注文した。この店はライスは別注文になっている。千円を超えるランチはちょっと高めかなと思った。

出来上がってきた料理がこれだ。メインのポークソテーはかなりのボリュームだ。玉葱の炒めものと、1センチ程度厚切り肉。トマトの香りのするブラウンソース。肉は200グラムはありそうだ。サラダも添えられていた。ご飯と、町の洋食屋らしくスープではなくて味噌汁が付いていた。それから特筆すべきはナイフとフォーク。この食器具は綺麗にそして、ぴっちりと紙ナプキンにまかれていた。このような巻き方を最近見たのは、いったい何時だったのか思い出せない。おそらく昭和の時代だったと思う。

ナイフで一口サイズに肉を切り、玉葱とソースを付けて食べてみた。やや酸味のある、懐かしい味のソースだった。肉は厚くて脂の甘いいい肉だった。キャベツに机上のウスターソースを付けて食べた。ウスターソースはスパイシーな香りのするものだった。カツレツにはこのウスターソースが合いそうだ。この料理と、紙ナプキンに包まれたナイフトフォーク。町の食堂ではなくて、文句なく洋食屋だった。そしてこの料理なら950円は納得した。見かけで判断してはいけなかった。また、ハンバーグやカレーなどは600円台から食べられる。リーズナブルな料理も取り揃えていた。



役立つ情報


全面喫煙可

ひら井のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(江戸川・両国・洋食)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る