ワット・トラパン・トーン・ラーン

Wat Traphang Tong Lang

 0/0人  |  人気指数 1,187

お気に入りに追加:0

スコータイ芸術最高と言われた漆喰細工があった

ワット・トラパン・トーン・ラーン城壁の東門のカンぺーン・ハク門から約1㎞のところに位置する寺院。のどかな田園地帯にある遺跡だ。手前には礼拝堂跡が残り、奥に本堂が建っている。アーチ形の入口をした立方体の本堂である。外壁の四面には漆喰細工が施され、特に南側にあった天女に囲まれて降臨するブッダが描かれたものは、スコータイ芸術の最高傑作と言われていた。しかし、残念ながら現在では崩壊してしまって、わずかに漆喰が残っているだけだ。崩壊前に作られたレプリカは、ラ―ムカムヘン国立博物館で見ることができる。

ワット・トラパン・トーン・ラーンの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・世界遺産)の記事に4名の編集者が参加しました!

ワット・トラパン・トーン・ラーンのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る