ワット・シー・サワイ

Wat Sri Sawai

 0/0人  |  人気指数 1,272

お気に入りに追加:0

クメール様式の3基の塔堂

ワット・シー・サワイ

クメール様式の塔堂が特徴的な「ワット・シー・サワイ」。少し傾いているが、3基の塔堂は重量感がある。どれも内室があり、真ん中のは聖堂とトンネルでつながっている。もともとはヒンドゥー教の神殿として建てられ、後に仏教寺院となったらしい。塔堂には彫刻が施されていて、裏側のをよく見るとおっさんがいる。強制労働させたれた人達の息抜きなのか。はたまた、自分の顔を残したのか。色々な想像をしながら歴史物を見学するのは面白い。

ワット・シー・サワイの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・世界遺産)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る