カンペーンペットのワットプラケオ

wat phrakaew kamphaeng

カンペーンペットノワットプラケオ

 0/0人  |  人気指数 1,395

お気に入りに追加:0

バンコクのワットプラケオにあるエメラルド像が一時祀られていた王室寺院

カンペーンペットのワットプラケオタイ北部に位置する県で、「金剛の城壁」と訳される。その名の通り、スコータイ、アユタヤ時代には軍事要所だった。現在でも城壁や遺跡など、当時の面影を見てとれる。そして、この地で世界遺産登録されているのが「カムペーンペット歴史公園」である。その公園内にあるのが「ワット・プラケオ」。バンコクのワット・プラケオのエメラルド仏は、一時ここに祀られていたとされる。何体もの仏像が残されているが、それぞれ違う年代に作られたものらしい。

 

カンペーンペットのワットプラケオの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・世界遺産)の記事に4名の編集者が参加しました!

カンペーンペットのワットプラケオのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る