ワット・ニウェート・タンマ・プラワット

wat niwet thamma prawat

 0/0人  |  人気指数 1,247

お気に入りに追加:0

ステンドグラスが見られるゴシックスタイルの寺院

ワット・ニウェート・タンマ・プラワット19世紀後半に建てられたゴシック様式の寺院。一見、キリスト教会風だが、列記とした仏教寺院である。内部のステンドグラスには建立者ラーマ5世が描かれている。壁には合掌をしている仏も飾られている。バーン・パイン離宮の対岸に位置し、川を渡らなければいけない。利用者がある度に僧侶が操作をするという、ワイヤー移動の素朴な乗り物を使って移動する。ゴシック様式の仏教寺院とは世界的にも珍しいので、ぜひアユタヤ観光の際には訪れたい。アジアと西洋の融合を見て楽しむことができるだろう。

ワット・ニウェート・タンマ・プラワットの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(アユタヤ・王宮・寺院)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る