ワット・カオチョンプラーン

wat kaochongplean

วัดเขาช่องพราน

 0/0人  |  人気指数 1,369

お気に入りに追加:0

夕方になると1億匹のコウモリが出入りする通称コウモリ寺!

ワット・カオチョンプラーンこうもりで有名な「ワット・カオプラチョーン」。カウは丘、チョンは穴、プラーンは狩りを意味する。ラチャナブリー郊外に位置するお寺。午後6時になると、となりの山上の洞窟から噴き出すかのように、コウモリたちがでてくる。夜行性のこうもりはこの時間になると外に出て、エサである虫を探しに飛び回り、深夜3時ごろに洞窟にかえっていくのだそう。その数なんと一億匹!すべてが外に出てくるまで約1時間かかるそう。数が多いので3段階に分けてでてくる。

山の背後には、チェディとよばれる仏像などが鎮座している場所があり、時間があればのぼってみるのもよい。

 



役立つ情報


※コウモリが出てくる際、群れの真下にいるとおしっこがかかるので注意!

ワット・カオチョンプラーンの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(スリンビーチ・王宮・寺院)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る