ワット・チャーン・ローム

Wat Chang Lom

 0/0人  |  人気指数 1,102

お気に入りに追加:0

象に囲まれた寺院

ワット・チャーン・ローム

シー・サッチャナーライ遺跡公園にある「ワット・チャーン・ローム」。城壁内の中心に位置する寺院で、ラ―ムカムヘン大王の命により建てられた。チャーンはゾウ、ロームは囲むという意味で、ゾウに囲まれた寺院だ。ゾウの鼻などは壊れて今はゾウに見えないが、38頭のゾウが台座を囲み、スリランカ様式の仏塔が建っている。仏塔周辺には仏像が何体か納められている。

ワット・チャーン・ロームの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・王宮・寺院)の記事に8名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る