チャオ・サン・プラヤー国立博物館

Chao Sam Phraya National Museum

チャオ・サン・プラヤーコクリツハクブツカン

 0/0人  |  人気指数 1,845

お気に入りに追加:0
  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館電話電話: 

    0-3524-1587

  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館営業時間営業時間: 

    (水-日)9:00-16:00

  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館定休日定休日:  未入力
  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館日本語/可・不可日本語:  未入力
  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館カードカード: 

  • チャオ・サン・プラヤー国立博物館ホームページホームページ:  未入力

仏舎利が展示されている博物館

チャオ・サン・プラヤー国立博物館アユタヤにある「チャオ・サン・プラヤー国立博物館」。。入場料は150バーツ。ガイドブックには、30バーツと書いてあるが、それはどうもタイ人だけのよう。1961年に完成したという1号館には古美術品が主に展示されている。2階には、マハータート寺院から出土した仏舎利が展示された部屋がある。金と宝石と木で作られた7層のストゥーパ型の小箱に納められているが、ガラスケースの中に展示され、フタが閉まっているため中の仏舎利は直接見ることができない。中を見せてほしいとダメもとで頼んでみてもやはりNGなので、仏舎利は写真を見て我慢するしかないらしい。また、ワット・ラーチャブラナから発見された宝物を展示する部屋もあり、そこには金や宝石で作られた数々の装飾品の他に、仏像や王位の印などが展示されている。各部屋の外にはアユタヤ寺院で発見された奉納板も展示してある。1号館の裏側には2号館がありドヴァ―ラヴァティーから現在のチャクリー朝までのタイ仏像を年代別に展示してある。ここには破壊された寺院から出土した貴重な遺産を展示してあるので、ぜひ足を運んでみよう。博物館前には池があり、また後ろには広い芝生が広がっているので、ゆったりした気持ちで鑑賞できるのではないだろうか。

チャオ・サン・プラヤー国立博物館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(タイ・博物館・美術館)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る