ボン島

Bon Island

ボントウ

 4.8/1人  |  人気指数 1,856

お気に入りに追加:1

エヴァソン所有のプライベートアイランド

ボン島ボン島」はエヴァソン所有のプライベートアイランドである。「ボン島」へいく際には、ボートが出る桟橋付近のカウンターで名前などを書く必要がある。人数でも把握するためだろうか。海の透明度は低そうだが、色はキレイな色をしている。専用のボートは木製のちょっと頼りなさげなもので、16人+操縦士2名くらいが限界かも。

ボン島」へ到着すると、ウェルカムすいかの用意が。タオルをもらって、いざリゾート開始だが…ここのタオルスタッフが本当にケチなのだ。1人1枚しかタオルをくれず、理由さえも聞いてくれない。1枚しかなかったら、海入って濡れた後どうすればいいのか?その辺の安宿じゃないんだから、もう少し気を配ってほしいものだ。チェアとパラソルは充分な数が用意されているよう。

海はキレイだけど、砂が裸足だと少しイタイかもしれない。素朴な感じのビーチで、あまりリゾートっぽさは感じない。ドリンクやフードなんかも特に聞きに来てくれないし、スタッフもうろうろしていない。とにかく何もしない時間を過ごし、贅沢な気分に浸ることができる。15時くらいから帰る人も増えるようで、名前を書いておかないと乗れずに次のボートまで待たないといけなくなってしまう。先に名前を書くのを忘れないようにしよう。

ボン島の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ラワイビーチ・街)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る