エルビスバー

Elvis Bar

 0/0人  |  人気指数 1,612

お気に入りに追加:0

生バンドで大盛り上がりのバー

エルビスバーウォーキングストリートを入り、すぐ右手にある老舗店「エルビスバー」。歓楽街のメインスポットらしく、大所帯のバンドによるライブミュージックとドリンクだけで生き残る店だ。「エルビスバー」の一番の売りは、23:00から始まるエルビスonステージのメインショーである。そして、その後はビージーズ、ビートルズと深夜2:00までショーが続く。エルビスが出てくるまでは、ベース担当のリーダーが野太い声でロックな曲を歌い、その他ギターが二人にドラム、キーボードにシンセ、コーラス二人とこの時点で8人構成の豪華メンバーである。サウンド的にも、もちろん年季が入っていて良い感じの印象だ。曲が終るとリーダーがマイクを使い、客にリクエストを尋ねる。そして、夜11時を少し回ったくらいに、いよいよ真打ち登場。ツイストなアップテンポの曲調に乗って、ゴツ目のエルビスが登場。外人とのハーフだろうか、インド映画に出てきそうな中々の色男である。そして、名曲「監獄ロック」、「ラブ・ミー・テンダー」など、ロック、メロディー、カントリーと客席からのリクエストにと、ショーは最高潮の盛り上がりをみせる。もちろん、曲の合間にはリーダー、ツノダ★ヒロ氏によるチップ&ハイネケンお強請りマイクパフォーマンスもふんだんに盛り込まれている。小一時間ほどで、エルビスショーが終わり、見た目さわやか系ギターリストが歌うビートルズ。さらに、女性メインボーカルのナタリーとショーは続く。曲の合間にはバンドメンバーたちが客にお酒をねだるパフォーマンスもあり、なかなか盛り上がる。大所帯の生バンドだけに、すごい盛り上がるし、見ごたえも聞きごたえも充分だ。近年マレに見る面白いバーなので、パタヤに行った際にはぜひ、立ち寄ってほしい。お勧めの場所だ。

エルビスバーのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(パタヤ・居酒屋/BAR)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る