松園別館

ソンユェンビィェグァン

松園別館

 0/0人  |  人気指数 1,740

お気に入りに追加:0

神風特攻隊の招待所

松園別館は、1943年頃に建てられ、日本軍の「兵事部」事務室だったところで日本統治時代には高級軍官の休憩所としても使用され神風特攻隊の招待所でもあった。松園別館で特攻隊員は最後の夜を過ごし、天皇の御神酒を振舞われて南方へ出撃していったそう。黒松並木を通して花蓮のと港が一望できる。立派な防空壕も残っていた。長さ約5m、高さ約2mで約20人ぐらいは座れる広さがあるそう。戦後、松園別館は、台湾の国民党陸軍施設になり、その後米軍が顧問団将校専用センターとして使用していたそうだが、今はギャラリーのように利用されていた。入場料も取らないのでそれも仕方ないかとは思ったが、あまりに容赦なく内部を改造してしまっていたのですごく残念な気がした。

松園別館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(花蓮県・博物館・美術館)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る