南靖宮

ナンジンゴン

南靖宮

 0/0人  |  人気指数 1,253

お気に入りに追加:0

庭を挟んですぐに正殿になる二進一院の建築様式

南靖宮」は、福建省からわたってきた人たちが建てたもので、まつっているのは関聖帝君。鹿港になる3つの人群廟(郷土の神様を祭るためにたてられた廟のこと)のうちの一つ。1783年に建てられた。

ここは正面から入ると庭を挟んですぐに正殿になる二進一院の建築様式。門の横に石で虎の飾りがかなり細かくて凄い。とtても鮮やかな青と赤の組み合わせが印象的だ。

南靖宮の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+

南靖宮のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る