基隆港

基隆港

 3/1人  |  人気指数 1,744

お気に入りに追加:0

台湾大2位取扱量を誇る港

基隆港は台湾大2位、世界でもなんと第39位の取り扱い量を誇る港。大型の国際コンテナ船が日々行きかう港である。スペイン人が台湾の一部を占領していたころ、一部建設が行われ、清の時代になるとさらに発展を遂げていった。さらに日本統治時代においては大規模な建設南京東路行われ、戦後の再建工事で目覚ましい発展を遂げ、今に至る。基隆港には、海岸に散歩ができる木道などもあり、夜景が大変きれいなことでも有名。昼の港はきれいとは思わないけど、夜はきれい。山の上に基隆の英語名「KEELUNG」が輝いていてハリウッドみたいにも感じられる。港にデートスポットみたいなのが新しくできた。KEELUNGの文字が光っていて、多分遠くからでも見えるんだろう。 

基隆港の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る