紅陶上海湯包

紅陶上海湯包

 0/0人  |  人気指数 1,917

お気に入りに追加:0

ムードのある雰囲気で楽しむ小龍包

高雄に来たなら海鮮もの!とチェックしていたお店もあったのだけど、すっかり移動に疲れてしまい、ホテルですませることに。気になっていたお店、漢來大飯店10階にある「紅陶上海湯包」。メインシェフはかの有名なあの「鼎泰豊」にいたというから期待。照明をおとしたムードある厳かな雰囲気の中で食べる小龍包は初めて。上海湯包、これはアツアツで美味しい。味がしっかりついている感じ。しょうがをたっぷり乗せていただいた。蝦仁蛋炒飯、これもビールに合う。エビがプリップリでたくさん入っているのがたまらない!原盅鶏湯、チキンのスープ。これは漢方などのクセが全くなく、チキンとショウガで素材の味が生かされたスープ。骨からするーっとはがれるチキンがこれまた美味。蟹粉小龍包、蟹スープもアツアツで贅沢な1品。最高!それに台湾ピール1本とサービス料で計891元(日本円で3140円)台湾でいただく小龍包としては高いのかもしれないけど、お店もゆったりしているしサービスもよいし、この満足度でこの値段は満足。紅陶上海湯包を出ると厨房が見えた。みんなで黙々と皮を包む姿、かっこよかった。

紅陶上海湯包のオススメメニュー

編集履歴

・上海湯包10個 180元

・蝦仁蛋炒飯 150元

・原盅鶏湯 190元

・蟹粉小龍包10個 290元

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(高雄市・小籠包・餃子・点心)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る