阿憨鹹粥

アーハンシィェンヂョウ

阿憨鹹粥

 0/0人  |  人気指数 1,449

お気に入りに追加:0
  • 阿憨鹹粥住所(日本語)住所(日本語): 

    台南市北区公園南路169号

  • 阿憨鹹粥住所(現地語)住所(現地語): 

    臺南市北區公園南路169號

  • 阿憨鹹粥電話電話:  未入力
  • 阿憨鹹粥営業時間営業時間: 

    06:10-22:00

  • 阿憨鹹粥定休日定休日:  未入力
  • 阿憨鹹粥日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 阿憨鹹粥カードカード:  未入力
  • 阿憨鹹粥ホームページホームページ:  未入力

平日の朝しか食べられない魚

阿憨鹹粥

台南には隠れたナンバー1食材がある。しかもそれは「平日の朝しか食べられない魚」と言うのだ。これは食わないわけにはいかないだろう。その魚の名前は虱目魚(サバヒー)。とにかく足の早い魚で、市場から仕入れているとすぐに腐るので専門店で、それも朝一番しか美味しい物は食べられないというのである。観光案内所で聞いた店は公園路にある阿憨鹹粥。他は24時間営業だったりして、台南人的にNGだという事だった。「絶対に朝10時までに行って下さい。そうじゃないと美味しくないです。」。9:45に店に着いた。簡素な倉庫みたいな場所に、厨房機器を並べている。

虱目魚肚粥80元(約270円)、油條10元(約35円)アシが早いと聞いていたが、果たして予想通り青魚特有のキツい脂が乗っている。鯖とも違う、鰯に近い脂の味である。小骨もかなり多く、意外に食べにくい。特に粥だと小骨が埋没していくので食べにくいのである。日本の様な先が細い箸が欲しい。粥自体は香港の様な濃厚な物ではなく、あっさりしていて油條と魚の脂で丁度良い感じである。店内は次々とバイクで粥を食べに来る客が入れ替わる。なかなか美味しい朝食だった。でも、これは本当に台南で朝食べないと良さがわからないだろう。昼過ぎだとかなり臭い筈だ。

阿憨鹹粥のオススメメニュー

編集履歴

・虱目魚肚粥80元

・油條10元

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台南市・お粥・豆漿・丼もの)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る