醇品雅集

チュンピンヤージー

醇品雅集

 0/0人  |  人気指数 1,957

お気に入りに追加:0
  • 醇品雅集住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 醇品雅集住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市信義路二段114巷1‐1號1樓

  • 醇品雅集電話電話: 

    02-2392-6858 / メール:lee.theisme@msa.hinet.net

  • 醇品雅集営業時間営業時間:  未入力
  • 醇品雅集定休日定休日:  未入力
  • 醇品雅集日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 醇品雅集カードカード:  未入力
  • 醇品雅集ホームページホームページ:  www.chunpingteaware.com.tw

白磁に繊細なモチーフを手描きした茶器

皆さんは中国茶を飲むときどんな器で飲むだろうか?ここは、とっておきの茶器に出会えるアトリエ、「醇品雅集」。醇品雅集は、いつ行っても人がいる気配はしないし、門についてるブザーのどれを押せばいいか分からないしで、なかなかその作品にふれるチャンスがなかったんだが、2010年版のまっぷるに「要電話予約」と書いてあったので、今回は行く前日に電話予約して、お伺い。なんと電話した時、ご主人と奥さまは中国出張の帰路で香港にいたそう。そんなこととは露知らず、翌日行きたい旨を伝えると「ちょうどいい!」と二つ返事、私は事情も分からず「明天見!(では明日!)」と電話を切った。

翌日、醇品雅集のアトリエへ。閑静な住宅街の中にひっそりと佇んでいるので、ちょっと探すのに苦労するかもしれない。白亜の塀のあるマンションにたどり着いたら、正面の門の右横の門についているセコムの横のブザーを押す。そうすると「カチッ」という音とともに解錠されるので、門を推して中(中庭)に入る仕組み。店内の茶器はそのほとんどが白磁に繊細なモチーフを手描きしたもので、その透き通るような白磁に精緻な図案が映えて、思わずシリーズで揃えたくなる。ただ、お値段が表示されていないので、欲しいものがあったら、お聞きしないといけない。今回購入した稚児が遊ぶモチーフの聞香杯のセットは1600元だった。手描きのため、同じモチーフでもひとつひとつ微妙に表情が異なり、「自分だけの一品」という気さえしてくるから不思議。



利用方法


※予約は英語で!

醇品雅集のオススメ商品

ここの商品を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(永康街・茶葉・茶器)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る