紗帽山温泉

紗帽谷溫泉

 0/0人  |  人気指数 1,946

お気に入りに追加:0

地元の人でにぎわう温泉

台北で温泉といえば北投温泉が有名だが、その奥に、地元の人で賑う温泉がある。台北のメインストリート中山北路を延々と北へ進み、ハイソな住宅街の天母を抜け、行義路の山道を登ると、そこにあるのが紗帽山温泉紗帽山温泉は温泉としての歴史が長く、日本統治時代には硫黄の主要産地でもあったため、泉質は酸性硫黄泉。チウマチや間接痛、動脈硬化、リウマチ、婦人病に効果がある。

この紗帽山温泉エリアは台北からの客が中心のため、宿泊施設はほとんどない。食事して温泉入って日帰りというパターン。温泉地らしく、火山地区風の景色が広がる。駐車場から、温泉まで、カートで送迎してくれる。まるで日本のような渓流の橋、温泉風情たっぷりの橋を渡り、目的地の川湯へ。窓口で入浴券200元を買い、日本の街並みのような食堂を抜け、大浴場へ。紗帽山温泉はちゃんとした裸風呂となっている。お湯はちょっと青みがかった色で、温度は42℃とちょっと高め。中にはサウナ、水風呂、SPAなどもある。



他情報


●近くて便利な温泉だが、週末の夕方はやめたほうがいい。

道路がすごく込んでて坂を上るところは伊豆のような混み方。

紗帽山温泉のコース紹介や利用方法

ここのコース紹介や利用方法を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(士林・天母・温泉)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る