九族文化村

九族文化村

 3.3/2人  |  人気指数 2,046

お気に入りに追加:0
  • 九族文化村住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 九族文化村住所(現地語)住所(現地語): 

    55544南投縣魚池鄉大林村金天巷45號

  • 九族文化村電話電話: 

    049-2895361

  • 九族文化村営業時間営業時間:  未入力
  • 九族文化村定休日定休日:  未入力
  • 九族文化村日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 九族文化村カードカード: 

  • 九族文化村ホームページホームページ:  http://www.nine.com.tw

台湾の9つの山岳民族の暮らしや文化を体験・見学できるテーマパーク

九族文化村は、日月潭にある台湾の9つの山岳民族の暮らしや文化を体験・見学できるテーマパークです。九族文化村へは船にのっていきます。到着すると基地のようなものから延びているロープウェイにのり、その終点が九族文化村。到着しますと、2月の桜祭りの桜が迎えてくれました。桜といってもショッキングピンクの台湾桜といった感じの明るい色でした。九族文化村は、山の斜面に作られたのか入り口からずっと下っていく形で見学をするようでした。ところどころに体験コーナーや食べ物屋台、お土産屋が点在しています。

さっそく見学スタート、印象的だったのはこれ!なんとクビ!首を狩る部族がいたみたいです。そのとなりではガラス細工を売っていたのでついつい購入していました。そして、はやくもランチタイム。その辺にあった開放的な感じのレストランに入ったのですが、これが意外にあたり。竹筒にはいったおこわがあったのでチョイスしたらこいつが激ウマ!もちっとして日月潭名物のきのこがたっぷり入ってていいおだしがでていてもういちど食べたいです。

さらに先に進むと、ちょうどいいタイミングで公演の時間となりました。ここは時間がきまっているのであらかじめ要チェックです!会場は人でぎゅうぎゅうこんな山の奥なのに観光客がいっぱいなのにも驚きましたが、ほとんど台湾の方で外人と思しき人は見当たらず。台湾の民族なのに地元の人にも珍しいのかな?と思いました。ショーはダンスや歌、部族ごとのイベントの様子など多岐にわたってまして大変興味深く見ました。

次は、お待ちかね体験コーナー。こちらは投げこま。エイヤっと投げては見ますが一向にだめ。難しい。弓矢体験は、確か20本でいくらとお金を払うと、じゃあここでやってね、案内され、一通りやり方を教えてくれます。中国語なので??を??して。。といった感じ。でもなんとなく分かります。ちょっとコツをつかんだかな?ってところで矢が切れました。大興奮で楽しかったです。

 

 

役立つ情報

 

九族文化村のチケット+ロープウェイ往復+台中⇔日月潭の往復バス+日月潭を回る船+日月潭周遊バスがセットになったお得なチケットがあります。値段は899元ですからかなりお得!

 

 

九族文化村のコース紹介や利用方法

編集履歴


利用方法


・入場料 700元

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台北市・テーマパーク)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.03.06 09:25
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る