金財神賓館

Kin Regency Taipei

金財神賓館

 0/0人  |  人気指数 2,000

お気に入りに追加:0
  • 金財神賓館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 金財神賓館住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市中華路1段21號3樓

  • 金財神賓館電話電話: 

    02-2381-8551

  • 金財神賓館FAXFAX:  未入力
  • 金財神賓館チェックイン/アウトチェックイン/アウト: 

    14:00 / 12:00

  • 金財神賓館日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 金財神賓館ホームページホームページ:  未入力

台北駅からそれほど遠くない便利な立地

1台北駅から徒歩10分くらいの所にある金財神賓館台北駅南口を出て右側(西側)へ向かい、郵便局を越えて突き当たりの中華路一段を左折するとすぐに妖しげな看板がある。かなりわかりにくいが、「OTEL」のネオンの下の赤い看板が金財神賓館
そこを左に曲がると、なんともいかがわしい雰囲気。でも決してたじろぐことはない。
同じビルにもうひとつホテルがあるようで、入口に別のホテル(ラブホテル的雰囲気がムンムン)の受付があるが、金財神賓館の受付はここではなく、エレベーターで3Fへ上がると金財神賓館の受付があるのだ。1Fのエレベーター前付近にはいつも呼び込みのおじちゃんがいるが、無視しよう。
ちなみにこの中華路一段をまっすぐ南下すると、MRT西門駅にぶちあたる。西門周辺は若者の街として知られ、台北の原宿の異名をもるところ。さて、部屋はというと、人によって評価は分かれるが、値段の割には広くて全然OKだった。
つくりは古いしラブホテル感もあるのだが、掃除が行き届いているように感じた。ユニットバスもきれいで、ちゃんとシャワーカーテンまである(他のホテルは皆カーテンがなかった)。冷蔵庫を開けると、サービスのミネラルウォーターがあった。湯沸かしポットとティーパック、粉コーヒーもある。あえて難をいえば、日当たりが悪かったことだろうか。まあ、窓があるだけましと思えば苦にならない。部屋の壁にひとつ気になる小物が。最初に見たときは、カラオケボックスでよくみるネオンか何かで、もしやラブホテルも兼ねているし、カラオケマシーンがあるのか?と捜してしまったが、どうやら非常サイレンのよう。火事か何かが起こったとき、光るのだろう。光るところを見てみたかった。ちなみにカラオケはありませんでしたが、ベッドの脇に有線のボタンがちゃんとあった。こうしたラブホ的要素に耐えられれば、台北駅からそれほど遠くない便利な立地だし、全然OKな宿。

金財神賓館の客室情報

ここの客室情報を紹介してください。

金財神賓館の客室備品

あり 不明 なし
テレビテレビエアコンエアコン電話電話冷蔵庫冷蔵庫
無料ミネラルウォーター無料ミネラルウォーターコーヒーメーカーコーヒーメーカーポットポットお茶セットお茶セット
ミニバーミニバースリッパスリッパドレッサードレッサークローゼットクローゼット
アイロンアイロンセーフティーボックスセーフティーボックス110Vコンセント110Vコンセント変圧器変圧器
加湿器加湿器浄水器浄水器ルームサービスルームサービスキチネット(簡易台所)キチネット(簡易台所)
パソコンパソコン無線LAN カード無線LAN カード無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(無料)無線・Wi-Fi(無料)
有線LAN(無料)有線LAN(無料)有線LAN(有料)有線LAN(有料)デスクデスク衛星テレビ/ケーブルテレビ衛星テレビ/ケーブルテレビ
ビデオゲームビデオゲーム電子レンジ電子レンジ扇風機扇風機エレベーターエレベーター
清掃サービス清掃サービス   

金財神賓館の浴室&トイレ

あり 不明 なし
タオル大タオル大タオル中タオル中タオル小タオル小バスローブバスローブ
シャンプー・リンスシャンプー・リンスボディーソープボディーソープ石鹸石鹸シャワーキャップシャワーキャップ
歯ブラシ&歯磨き粉歯ブラシ&歯磨き粉ヒゲソリヒゲソリ化粧水化粧水乳液乳液
くし・ブラシくし・ブラシドライヤードライヤーコットンコットン綿棒綿棒
浴槽浴槽ジャグジー付き浴槽ジャグジー付き浴槽シャワーシャワー共同バスルーム共同バスルーム
ウォシュレットウォシュレットコインランドリー(洗濯機)コインランドリー(洗濯機)  

金財神賓館のPLUS情報

ここのPLUS情報を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台北駅・二つ星)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.30 14:03
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る