さぼてん

Saboten

 0/0人  |  人気指数 1,225

お気に入りに追加:0

台湾とんかつブームの火付け役

さぼてん信義新光三越店の中にあるサボテンは、インテリアも凝っている。桜や竹などを使ったインテリアはとってもとんかつ屋には見えない。メニューは普通のとんかつ以外にも、ミックスフライ、カツカレーなどもあり。

今回はいつものヒレかつ定食(中)を注文。注文を終えるとキャベツの千切り、前菜、白黒胡麻が運ばれてくる。キャベツは極細に切られていて、さぼてん特製の柚子ドレッシングでいただく。このドレッシングとってもおいしい。前菜、大根の浅漬けはほんのり甘い味付け。サクサクしていて歯ざわりもいい。豆はよく日本でこういうの食べたなという懐かしい味がする。胡麻は自分で細かくすってここにとんかつソースを入れる。すっていると無言になるぐらい真剣になることも。それからちょっとしてとんかつ、ご飯、味噌汁がきた。ご飯、ご飯はなんとおかわり自由!ちなみにキャベツ、前菜もおかわり自由。お味噌汁は根菜類が入っていた。ちゃんと日本の味の味噌汁。

とんかつ、さっくりと揚がったとんかつ。一番柔らかくて風味の良いヒレ肉を使用しているそう。確かにとってもやわらかくて、噛まなくてもいいぐらい。衣も脂っこくなくて、さっぱり。やっぱりおいしい。最後は暖かい麦茶と抹茶アイス(または抹茶パンナコッタ)で終わり。麦茶の香りがとってもいい。抹茶アイスも質の良いものを使っている。平日のお昼でも繁盛していた。2年ぐらい前に台湾に上陸したとんかつ店だが、とんかつブームの火付け役といってもいいぐらい、とんかつが台湾に根付いてきた。サービスも気配りがずばらしかった。お会計315元(上記すべて、新光三越を使ったので10%サービス料金取られてない)。

さぼてんのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(市政府・和食)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る