彭園湘菜館(本店)

Peng yuan Restraunt

ボニュェン

彭園

 0/0人  |  人気指数 1,795

お気に入りに追加:0
  • 彭園湘菜館(本店)住所(日本語)住所(日本語): 

    台北市忠孝東路五段297號5.6樓

  • 彭園湘菜館(本店)住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • 彭園湘菜館(本店)電話電話: 

    02-2521-5604

  • 彭園湘菜館(本店)営業時間営業時間: 

    11:00-21:00

  • 彭園湘菜館(本店)定休日定休日:  未入力
  • 彭園湘菜館(本店)日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 彭園湘菜館(本店)カードカード:  未入力
  • 彭園湘菜館(本店)ホームページホームページ:  pyr.web66.com.tw

台湾の湖南料理のコックの大半がこのお店の彭長貴の弟子

彭園(本店)

湖南料理は、五大中国料理のひとつ。「彭園湘菜館」台湾で最初にできた湖南料理レストラン。台湾の湖南料理のコックの大半がこのお店の彭長貴の弟子だそう。台湾各地や中国にも支店を開いている。20年以上経営しているが、改装したためモダンな雰囲気の店内になっていた。こちらは本店。

富貴双方、湖南料理の代表的な料理。こちらのお店が一番最初に考案したそう。金華ハムを蜂蜜漬けにしている。素餅と金華ハムを、薄いパンに包んで食べるもの。素餅はサクサク、金華ハムは蜂蜜の甘さが染み渡っている。味はまあまあである。生菜捲蝦鬆。こちらもこのお店が考案したメニューだそう。エビを細かく切ったものと揚げパンをレタスで包んで食べる。作りたてではないのか、蝦のぷりぷり感が損なわれていた。左宗棠鶏、こちらもこのお店の有名料理の一つ。ほんのり甘酸っぱく、辛さが利いている。彭家豆腐、このお店の有名料理の一つ。黒豆などと調理してある。しょっぱいので、ご飯がないと食べられない。車えびの炒め物、大きめのエビが唐辛子といためてあるが、辛くはない。あまり印象のない味である。下に豆菜がひいてある。銀絲巻、揚げたものと蒸したものがある。揚げたものは外はサクサク、中は少しふわふわで甘みが増す。蒸したものは外も中もふんわり。個人的には揚げたものが好きだ。

からし菜と干し貝柱の炒めもの。あまり干し貝柱の旨みを感じらなかった。松坂豚紅、麹をまぶした松坂豚を油で揚げてある。紅麹の甘みがほんのり香る。下にたまねぎや野菜がひいてあって、甘酸っぱいドレッシングがかかっていた。牛筋の煮込み、大ぶりの牛筋がほどよい弾力で煮込んである。とってもお肌によさそう。香瓜盅、メロンを器に見立てた、見ためにも美しいスープ。クワイの身が豚のミンチに練りこんである。豚のミンチを崩しながら、スープといただく。メロンと豚の味のコラボレーションは面白いと思ったが、スープの味にコクがなくて、それほどおいしいとは思わなかった。最後のデザートはスイカとオレンジ。それ以外に、台湾ビール3本注文。取り分けにくい料理は、店員さんが一人分づつに分けてくれる。お会計3311元(上記すべて)日本円11589円。店員さんのてきぱきした動きが気持ちよかった。メニューも写真つきなので、とっても分かりやすい。

彭園湘菜館(本店)のオススメメニュー

編集履歴

・富貴双方

・生菜捲蝦鬆

・左宗棠鶏

・彭家豆腐

・車えびの炒め物

・銀絲巻

・からし菜と干し貝柱の炒めもの

・松坂豚紅

・牛筋の煮込み

・香瓜盅

・デザート

・台湾ビール

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(市政府・台湾料理)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る