櫻上水寿司

Oujyosui

 0/0人  |  人気指数 1,488

お気に入りに追加:0

台北の有名な日本料理屋、新都里出身の20代の2人の料理人が開いたお店

櫻上水寿司

台北の有名な日本料理屋、新都里。こちら出身の20代の2人の料理人が開いたお店です。お得な懐石料理が食べられると聞いてやってきました。落ち着いた雰囲気の店内。シンプルな色使いです。カウンター席にテーブル席がいくつかありました。個室も1室あるそうです。お店はあまり広くありません。カウンターは8人、テーブル席は16人ぐらい座れます。個室も1つありました。窓側の席は光が差し込んで明るくてよかったです。

 

ランチのセットは280元から680元まであります。夜は880元から1800元のコースがあります。平日のランチの時間に利用しました。お昼時の時間になるとお客さんで席は埋まりました。ブロガーの間でも話題の、握りランチと懐石ランチを注文しました。握りランチお友達が食べました。サラダレタス、紫たまねぎ、りんご、やんぐこーん、かつおぶしが入っていました。ドレッシングがどうだったか聞くのを忘れました。茶碗蒸しタイのダシの味と香りがよかったそうです。握り寿司8貫の握り寿司にかっぱ巻きが付いてきました。これが380元のお寿司だって信じられないぐらい、手が込んでいます。いくらの軍艦まで付いてますよ。。メニューに680元の特選握りランチがありますが、こちらはネタを日本から仕入れているそうです。味噌汁、えのきだけが入っていました。味は甘めで台湾風です。デザート、ミルクプリンに黒胡麻のソースがかかっています。ミルクプリンが2層になっていて、下のほうにも黒胡麻の入った層がありました。黒胡麻の味が濃くてはっきりした味でした。懐石ランチ前菜、カキの料理、イチジクの胡麻ソース和え、胡麻豆腐です。造り色味が少ないので、見栄えがしませんが、どれも新鮮でした。コハダが炙ってありました。手も込んでいます。ぎんだらの粕漬け、ぎんだらはとても新鮮です。若干甘いのですが、おいしいです。揚げたごぼうがのせてありました。山芋の焼いたものに、チーズときのこ類がのっています。おたふくソースがかかっています。なんでこのソース?いくらとさけの混ぜご飯、ご飯が少し乾燥していました。後は握りランチの味噌汁とデザートが付いてきます。席に付く時、椅子をひいてくれたり、最後に新しいお茶におしぼりまで換えてくれました。握りをリーズナブルに食べたいときにお薦めです。お会計638元(懐石ランチのみ)日本円約2233円。

櫻上水寿司のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中山駅・和食)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る