木龍翠坊

木龍翠坊

 0/0人  |  人気指数 1,940

お気に入りに追加:0

お茶と茶人料理の店

着いた場所は長安東路一段、華山公園のそばのマンション。2階のワンフロアを利用してサロン風にしつらえている「龍翠坊」。ここはお茶と茶人料理の店。コースのみの昼食と夕食。人数限定で予約を取る。残念ながら私が台北に滞在している間は食事の予約は満席で、お茶だけ飲ませていただくという話でお願いしていた。「龍翠坊」に到着した9時はちょうど閉店の時間だったのにかかわらず、ニコニコと応対してくれて一時間だけという約束で、早速お茶をいれてくれた。時間もないので、この日はお任せで岩茶を二種。昨年の奇蘭と今年できたばかりの千里香。ここでも大陸茶。え、これが岩茶?とびっくりするような清らかさだった。日本で飲む岩茶とは全く違う味わい。「龍翠坊」の店主が武夷山に行ってきたばかりとのことで、写真を見せてくれた。茶畑を確認し、正真正銘の正岩茶だけを仕入れてくる。彼もとことん有機と伝統製法にこだわって茶葉を選んでいるのだ。お茶を丁寧にいとおしそうにいれる様子がとても印象的。このお店を始めて何年になるのか尋ねると、4年だと言う。その前は日系の電機メーカーに勤めていたそうだ。(日本語はダメらしい。英語はOK。)ずっとお茶が好きだったが、学生の時に電機関係を専攻したので、一定の期間は社会に還元しなくてはいけない、とお勤めをしたのだとか。その誠実な答えにちょっと感動してしまった。スーツを脱ぎ、ゆったりとした服をまとった蔡さんはまさに茶人だった。私はもう少しゆっくり時間を取って台湾のお茶もいただきたい、と告げると明日の夜、もう一度来てくれと約束をとりつける。夕食の予約が入っているので、その客が引ける8時半ごろということになった。台北の旅二日目、長い一日が終ろうとしていた。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中山駅・茶芸館・カフェ)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る