ラ・ロティーシェリー

La Rotisserie

雲軒

ユィンシェン

 0/0人  |  人気指数 1,264

お気に入りに追加:0
  • ラ・ロティーシェリー住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ラ・ロティーシェリー住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市承德路一段三號6階(Palais de Chine 君品酒店内)

  • ラ・ロティーシェリー電話電話: 

    02-2181-9999

  • ラ・ロティーシェリー営業時間営業時間:  未入力
  • ラ・ロティーシェリー定休日定休日:  未入力
  • ラ・ロティーシェリー日本語/可・不可日本語:  未入力
  • ラ・ロティーシェリーカードカード:  未入力
  • ラ・ロティーシェリーホームページホームページ:  未入力

Palais de Chine 君品酒店、Qsquareの上階にできた高級ホテル内のフレンチレストラン

larotisserie

PalaisdeChine君品酒店、Qsquareの上階にできた高級ホテル内のフレンチレストラン。ヨーロッパのお城をイメージしたホテルの内装は一見の価値ありです。台湾一の高級ホテルを目標にしているそうで、内装費だけで数十億元を費やしたそう。6階のチェックインカウンターを抜けて左側がレストランの入り口です。お城の長い回廊を歩き続けて、突き当たりがレストラン。手前がまだオープンしていない、ティーサロンになります。オープンキッチン。天井が鏡なのですが、わざと煤けさせていて、それもまた素敵でした。紫色のソファーもすわり心地がよかったです。

 

平日のお昼の時間に利用しました。セミビュッフェスタイル。前菜とデザートがビュッフェ式です。メニューからメインディッシュとスープと飲み物を選択します。前菜ビュッフェから取り分けてきました。まずはシーフード。お皿の上にはないですが、かになどもあります。今まで巡りあったこともないような、巨大なあさり? 新鮮でおいしかったです。サラダが5種類ほどありました。どれも手が込んでます。お寿司は握ってくれます。1回2貫づつのようです。ネタは新鮮でした。酢飯ではないですが、その場で握ってくれるところに誠意を感じました。チーズチーズ好きにはたまりません。パン:こちらはテーブルに運ばれてきます。香ばしくてなかなかおいしかったです。マッシュルームのスープとオニオンスープ:どちらもおいしかったです。

 

メインディッシュは全部で5種類ありました。フィレとラムを注文しました。私はフィレを食べました。とても柔らかかったですが、肉の旨みをあまり感じませんでした。付け合せのルッコラのサラダがおいしかったです。肉料理に付けて食べる塩。左からハワイの岩塩にプロバンスのハーブ入りの塩です。ハワイの岩塩、お肉の味をより引き立てます。デザート:デザートもビュッフェです。写真以外にもケーキやアイスクリームなどいろいろありました。前菜のビュフェだけで、満足してしまいました。ビュッフェの内容はフレンチではないのですが、新鮮なシーフードが充実していていいと思いました。夜は正統派のフレンチのようです。オランダの執事養成学校「TheInternationalButlerAcademy」から講師を招き、給仕の教育をしていると雑誌に書いてありました。ディナーは5歳以下のお客様は入店をお断りだそうです。お会計2398元(上記すべて)日本円約8393円。

ラ・ロティーシェリーのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台北駅・洋食)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る