燒肉石松五十三次(本店)

Ishimatsu Gojyusantsugi

 0/0人  |  人気指数 1,261

お気に入りに追加:0

お肉はアメリカの最高級アンガスビーフCABを使用!オーダー時にお肉をカットするこだわりの焼肉屋

燒肉石松五十三次(本店)

日本人の方が経営されています。なので全部日本語でOK。お肉はアメリカの最高級アンガスビーフCABを使用、そしてお客様がオーダーしたときに、お肉を切るので口当たりがいいです。黒で統一されたインテリアは、大人っぽい雰囲気を醸し出しています。お店はあまり大きくありませんが、ボックス席はゆったりしていて、座り心地がいいです。大きな日立のテレビが豪華。石松特製の無煙グリル確かに普通のよりも服に焼肉の香りは付きにくいと思います。

 

お通し、七味がピリッと辛くてアクセントになってました。2人前のお肉セットカルビやハラミなどのセットです。肉の脂がのっていて、とってもおいしいです。肉の質も上場。野菜盛り合わせ、7種類の野菜が入っています。どれも新鮮ですよ。でも焼肉にキャベツはあまり好きじゃないです。焼くのが難しいし焦げやすい。野菜コロッケ、コロッケ久々に食べて、幸せになりました。石松雑炊、牛筋などが入っていました。スープは薄味。これに卵が入っているともっといいかも。特選タン塩、お店の方一押しのタン塩。薦めるだけあって、はごたえも良くとってもおいしかったです。カルビ、薄く切ってあります、グリルの上にのせるとすぐに火が通りますよ。石松のタレとよく合うお肉です。デザートプリンかと思ったら、ヤクルトを使ったゼリーでした。これはこれでおいしいかも。金牌台湾ビール、2本も注文しました。お店が混んでくると、若干料理の上がってくるスピードが遅いです。サービスがとっても丁寧です。とっても混んでいるので予約をするのを忘れずに。お会計2080元(上記すべて)日本円7280円。

燒肉石松五十三次(本店)のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(南京東路・松山区・和食)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る