回留

回留

 0/0人  |  人気指数 1,839

お気に入りに追加:0
  • 回留住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 回留住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市大安區永康街31巷9號

  • 回留電話電話: 

    02-2392-6707

  • 回留営業時間営業時間: 

    11:30-22:00

  • 回留定休日定休日: 

    旧暦大晦日

  • 回留日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 回留カードカード:  未入力
  • 回留ホームページホームページ:  未入力

心落ち着く静かな茶芸館

食後のひと休みは、鼎泰豊から徒歩3分くらいの場所にある『回留(フイリュウ)』で。大抵の台北ガイドブックには掲載されているお店のよう。が、1人あたり最低でもNT250$の消費が必要…とお店のメニューに書いてあったので、店を出ようかどうか迷ったが、移動するのが面倒くさかったので、そのまま過ごすことに。NT250$に気を取られて何を頼んだのか全く覚えていない。たぶん烏龍茶だった気がする。例によって、最初の段取りは店員さんが全てやってくれた。私は、何だかよくわからないお茶。5、6種類の茶葉や豆を混ぜたものらしく、お湯ごとポットに入って出てきた。「5、6種類」というところにお得感を感じて注文したのですが、これがおいしかった。さっぱりとした中に、ほんのかすかに酸味のようなものが感じられた。かすかな酸味が梅茶漬けを思い出させる。九分茶坊では七輪でしたが、ここではアルコールランプでお湯を温めるよう。そのせいか、徐々にぬるくなってきたが、猫舌の私にはちょうど良い。スイーツはホームメイドアップルパイ(NT120$)。その辺に売っているアップルパイとは違って、リンゴを春巻きの皮(より厚めですが)のような生地で包んだもの。甘さ控えめ&ほどよく酸味があり、生地もサクサクしていたので、おいしかった。店内には所狭しと茶器や小物が陳列されていた。台湾の茶器は、デザインがかわいらしく、飲み口のやさしい口当たりが気に入っているのですが、いかんせん高いので、ちょっと手が出せない。全体的には「料金高め」な印象だったが、まあこんなものなんだろう。そういえば、頼んだお茶は余った茶葉をお土産にできたのだが、そのことをすっかり忘れてしまっていて持ち帰ることができなかった。 

回留のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(永康街・茶芸館・カフェ)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る