馥園餐庁

Fu yuan can ting

フーユェンシャンティン

馥園餐廳

 3.2/2人  |  人気指数 1,812

お気に入りに追加:0

明朝蘇州式の迎賓楼の再現したレストラン。3年もの歳月を経て完成したレストラン

馥園餐庁

明朝蘇州式の迎賓楼の再現したレストラン。3年もの歳月を経て完成した。以前日本のテレビ番組でも紹介された。国賓が招待されるお部屋などもあり、お店の方が見せてくれた。風水に則って設計してあるそう。ここで食事をしたら皇帝気分を味わえそうだ。2階には少人数用のお部屋もあり、置かれている調度品も素敵だ。

ランチのコースは880元から、約5,6コースある。今回注文したのはおそらく3000元のコース。前菜、左から大根の味噌で漬けたもの、かぼちゃのパッションフルーツ漬け、シラスとピーナッツの素揚げ、大根を白味噌で漬けていたものがおいしかった。刺身、お刺身はいまいちだった。なんか冷凍されていたよう。野菜は粒タードが入っているドレッシングでいただく。ツバメの巣えんどう豆スープ入り、ツバメの巣がたくさん入っていた。ポタージュ風のえんどう豆のスープの優しい味と合っていた。サービスの台湾ソーセージ。ニンニクの芽と一緒に食べるのが台湾風。右の黒いのはイカ墨入り。質のいいソーセージだった。メニューにのっている鮑がなかったので、少し安めの鮑になった。鮑に程よく火が通っていた。醤油ベースのソースがかかっていて、バターの香りがする。たまねぎにもう少し火が通っているとよかった。フカヒレスープ、大きめのフカヒレが入っていた。へちまが添えてあり、さっぱりした上湯スープ。最後まで飽きない味。車えびのにんにく蒸 し。車えびにはほとんど味がなかった。でも新鮮。対照的に手前のエビチリは味がしっかりしていた。ちまきは上品に小さめに作られたちまき。台湾の有名なお茶の1つ金宣茶。お茶の淹れ方と茶葉の質がい いのだろう、今まで飲んだ金宣茶の中で一番おいしかった。金宣茶の特徴であるミルクのような香りが濃厚だった。デザートは、ドラゴンフルーツ、ワックス アップル、マンゴー。杏仁スープにカリカリに揚げてある、揚げパン。揚げパンを杏仁スープに浸して食べる。この杏仁スープ、杏仁の味が濃くて、ミルキーでとってもおいしかった。国賓を接待するだけあって、サービスに隙がない。高級レストランなので、一応予約はしたほうがいい。

 

馥園餐庁のオススメメニュー

編集履歴

・ランチのコースは880元から5・6種類ほど。
<3000元のコース>
・前菜
・刺身
・ツバメの巣えんどう豆スープ入り
・台湾ソーセージ
・鮑フカヒレスープ
・車えびのにんにく蒸し
・ちまき
・金宣茶
・フルーツ
・杏仁スープ
・揚げパン

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台北駅・台湾料理)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る