秋料理

Akiryouri

 0/0人  |  人気指数 1,271

お気に入りに追加:0
  • 秋料理住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 秋料理住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市四維路66巷2號

  • 秋料理電話電話: 

    02-2708-5682

  • 秋料理営業時間営業時間:  未入力
  • 秋料理定休日定休日:  未入力
  • 秋料理日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 秋料理カードカード:  未入力
  • 秋料理ホームページホームページ:  aki-jp-cuisine.myweb.hinet.net

食べ放題の創作握り寿司のお店

秋料理

食べ放題の握り寿司のお店。食べ放題を始めてから、週末は予約が取れないほど繁盛している。お店の内装は、10人ほど座れるカウンターと普通のテーブル席と大小の個室が2つあった。平日のお昼に利用した。

食べ放題は、12時30分から2時。1回目はお店が用意したネタを全種類食べないといけないルールになっていて、2回目は1回目に食べたネタの中から好きな物を選べるようになっている。枝豆とフルーツサラダ、枝豆は黒胡椒がかかっていた。左から鮭、ほたて、鰹、いかほたてにはフルーティーなソースがかかっていた。アナゴ、なんだか良くわからなかった。柚子が置いてある。飲み放題の味噌汁、小さくきった豆腐とワカメが入っていた。トロ、鯖、一味と甘ったるいタレがかかって不思議な味。えび、えびの下に甘いマヨネーズが入っていた。こはだにも甘いタレが、、、自家製の果物の酢だそう。ひらめ、炙ってあって、油っぽくてまずかった。さんま、炙ったさんま。お店のサービスだそう。アンキモ、ふりかけがかかっていて、本来の味が台無し。なんだったか忘れてしまった。なぜ握りに七味が?たこ玉、甘く浸けた紫蘇が載せてあった。全く合いません。ここまでが1回目のネタ。2回目は今まで食べた中から好きなネタを選ぶことができる。もう一度食べてみたが、やっぱりどれもおいしくなかった、、、おいしいと思えるネタが1つもない。創作寿司なのかもしれないが、ネタ本来の味を全く生かしていなかった。しゃりもねっとりしていて、寿司を食べている気にはならなかった。お会計550元(ランチの食べ放題1人の値段)日本円1925円。

秋料理のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(忠孝敦化・復興・和食)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る