ビスカヤ橋

ビスカヤバシ

Puente de Vizkaia

 0/0人  |  人気指数 1,853

お気に入りに追加:0

世界遺産に登録されている全長160mの鉄橋

ビスカヤ橋ビルバオ郊外にある「ビスカヤ橋」は、世界遺産に登録されている鉄橋だ。全長160mでポルトゥガレテとゲチョの街を結ぶ。世界初の運搬橋として1893年に開通した。設計はエッフェルの弟子としても知られるアルベルト・デ・パラシオで、彼はここビルバオ出身のエンジニアである。当時としては画期的な軽量鉄ケーブルが使用された。その後作られる運搬橋のモデルともなった橋だ。橋桁から吊り下げられたゴンドラで人や車を移動させており、今も人々の足となり活躍している。

ビスカヤ橋」の近くの街もとても素敵な雰囲気なので、橋を渡りながら近辺を散歩するのも良いだろう。

ビスカヤ橋の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(バスク州・世界遺産)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る