サラマンカ・カテドラル

サラマンカ カテドラル

Catedral

 0/0人  |  人気指数 1,729

お気に入りに追加:0

新旧のカテドラルが内部で繋がっている

サラマンカ・カテドラルスペイン美術史の見本とも言われるサラマンカのカテドラル。ここは、新旧のカテドラルが内部で繋がっており、かなりの広さを誇る。建物上部から外に出れば、屋根の彫刻を真近かに見られるし、街の景観も楽しめる。

新カテドラルは16世紀初頭から18世紀にかけて建築されたゴシック様式となっており、プラテレスコ様式の傑作と賞賛される正面ファサードは見応えがある。そして、旧カテドラルは12世紀のロマネスク様式だ。イタリア人画家のニコラス・フロンティーノによるフレスコ画と祭壇画はせひ、鑑賞しておきたい。

サラマンカ・カテドラルの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(カスティーリャ・イ・レオン州・教会・聖堂)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2015.05.07 11:37
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る