サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群

San Millán Yuso and Suso Monasteries

 0/0人  |  人気指数 1,885

お気に入りに追加:0

世界最古のスペイン語が書かれた場所

サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群スペインの歴史の中で最も重要な世界遺産「サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群」。ラ・リオハ州の州都ログローニョのバスターミナルからバスで30~40分ほどのサンミジャン・デ・コゴーリャという街にある。マイナー世界遺産で、おまけに名前もややこしい。では一体何が重要なのかと言えば、世界最古のスペイン語が書かれた場所ということだ。今やスペイン語話者は全世界で約4億2千万人と言われている。その人々の原点がここ、ラ・リオハ州の田舎にあるというわけだ。

実際、周りには何もない。スソ修道院には著名人の墓があるだけで、ここで書かれたはずのスペイン語文献については一切資料がない。スソ修道院の下にあるのがユソ修道院で、こちらには文献の資料はもちろんのこと、図書館もあり10世紀の作品なども所蔵されている。中には有名なスペイン画家ムリーリョの宗教画もあって、装飾も豪華である。スペインでやる事も無くヒマだという方は行ってみて。

サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ラ・リオハ州・世界遺産)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る