レオン・カテドラル

レオン カテドラル

Catedral

 0/0人  |  人気指数 1,592

お気に入りに追加:0

フランスゴシック様式の大聖堂

レオン・カテドラルレオンといえばフランスゴシック様式の「カテドラル」が有名だ。13世紀半ばから14世紀末にかけて建築された。ちなみにファサードの彫刻はイミテーションだそう。ステンドグラスの多さと美しさに魅了され、多くの観光客がここを訪れる。ステンドグラスは一部修復中の箇所があり、これは200年ぶり?のことなのだとか。 ゴシック様式の聖堂の特徴である飛梁。これのおかげで大きなステンドグラスもはめ込めるようになったのである。太陽の動きとともに100枚以上のステンドグラスの色合いが変化する様は、じつに見事で美しい。これは、一見の価値あり。

また、付属の美術館にはフアン・デ・フニ作のキリスト像など、貴重な書物、美術品が展示されている。

レオン・カテドラルの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(カスティーリャ・イ・レオン州・教会・聖堂)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る