コロンブスの塔

コロンブスノトウ

Monument a Colom

 0/0人  |  人気指数 1,909

お気に入りに追加:0

ランブラス通りの南端に建つ塔

コロンブスの塔ランブラス通りの南端に建つ「コロンブスの塔」は高さ60mで、右手をは新大陸の方を指し、左手にはアメリカ土産のパイプが握られている。1888年のバルセロナ万博で、カタルーニャとアメリカの交易を記念して建てられたもので、塔柱にも彫刻が施されている。

コロンブスはイタリアのジェノヴァ出身であるが、スペインのイサベラ女王の援助のもと1492年にアメリカ大陸上陸を果たした。そして、ここバルセロナの地で、その報告を行ったゆえ、ここに「コロンブスの塔」があるのだ。

空高くそびえ建つ「コロンブスの塔」。夕暮れ時に見るとシルエットが空に浮かび、また美しい。内部は展望台となっていて、バルセロナの都市を見渡すことができるので、観光にもうってつけだ。

コロンブスの塔の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ランブラス通り・旧市街・名所)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る