カルロス5世宮殿

カルロス5セイキュウデン

Palacio de CarlosⅤ

 0/0人  |  人気指数 1,824

お気に入りに追加:0

ルネサンス様式の宮殿

カルロス5世宮殿カルロス5世宮殿」は王宮の隣に建つルネサンス様式を用いた宮殿である。カルロス5世が1526年の新婚旅行でアルハンブラ宮殿を訪れた際に、建設を決めたという。しかし、途中、資金難となり建設は中断した。「カルロス5世宮殿」は結局、誰も住まないまま未完の状態で現在に至っているらしい。宮殿の外側には絵が彫られた石碑のようなものがあり、中」には円形の中庭が広がっている。

1階はアルハンブラ博物館となっていて、ニ姉妹の間のオリジナルの扉や宮殿に関する多数の品が展示してある。また2階も美術館となっている。

カルロス5世宮殿の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(グラナダ・宮殿・神殿・城)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る