スペイン旅行のトラブル・対処(事故)

お気に入りに追加:0

スペイン旅行のトラブル・対処(事故)

■スペインでのトラブル事故

スリ、置き引き、ひったくりなどの犯罪はマドリードやバルセロナの大都市だけでなく、観光客が集まるコルドバ、

セビーリャ、グラナダなどの地方都市でも発生しており、充分な注意が必要。

また、近年まで日本人を狙った首絞め強盗が多発。人気のない通りや時間帯は避けるようにしよう。 

 

*事故遭遇・発見

緊急時の連絡先は警察・救急・消防共通で『112』

 

*紛失・盗難

まずは最寄の警察署に行き、紛失・盗難届出証明書(デヌンシア・ポリシアル Denuncia Policial)を発行してもらう。

 

【帰国のための渡航書、パスポートの発給】

必要書類

①現地警察署の発行した紛失・盗難届出証明書(デヌンシア・ポリシアル Denuncia Policial)

②写真2枚(縦45mm×横33mm)

③戸籍謄本または抄本1通

④旅行日程などが確認できる書類

⑤手数料(10年143ユーロ、5年98ユーロ、渡航書22ユーロ、ユーロの現金のみ受付可能)

  

名前 住所 電話番号
在スペイン日本国大使館 Calle Serrano 109 - 28006 Madrid - SPAIN
 

+(34) 91-590-7600 (大使館代表)
+(34) 91-590-7614 (領事部直通)

在バルセロナ日本国総領事館 Avda. Diagonal, 640,2a planta D,08017 Barcelona  

 

【航空券再発行-航空会社

正規航空券はチケット番号の発行場所がわかれば再発行してくれるが、格安航空券は再発行してもらえないと考えておこう。

ただ、格安航空券でも再発行してもらえる場合もあるので、一度航空会社に問い合わせてみよう。

 

【トラベラーズチェック再発行-発行銀行オフィス

・パスポート

・紛失・盗難届出証明書(警察にて)

・トラベラーズチェックの発行証明書

 

【クレジットカード失効手続き】

名前 電話番号
三井住友VISAカード

 00-800-12121212

マスターカード

900-97-1231

JCB

9009781-78 

ダイナースクラブ 81-45-523-1196 
アメックス 900-99-4447  

 

 

*旅行構えの注意点

・知らない人にはついていかない

・流暢な日本語で親しく近づいてくる人には気をつける

・トラブル詐欺と分かったら関わらない事

・情を訴えてくる人には気をつける

・賭け話にはのらない

・人ごみの多い場所では、財布やパスポートに気をつける

・曖昧な態度は取らず、意思表示をはっきりする

・甘い話にはのらない

・コピー商品は購入しない

・長距離バスでの盗難に気をつける

・慎んだ行動を心がける

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(スペイン・病気・トラブル)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

ここはどうですか?
スペインの人気トラベルノート

  • 宿
トリップ セウタ ホテル
トリップ セウタ ホテルはセウタのビジネスやレジャーにもってこいのロケ...
トリップ メリラ プエルト ホテル
メリリャの中心に位置している トリップ メリラ プエルト ホテルは一歩外...
タルタ・デ・サンティアゴ
サンティアゴの有名なケーキ
エスキニータ
海老料理がとにかく絶品
カフェ・デル・マル
夕日で有名な店

もっと見る

カバ
シャンパンと同じ製法で作られている
モンセラット大聖堂
ラ・モレネータと呼ばれる黒いマリア像
ブトロン城
ビルバオ市内から車で数十分のところにある城
ディナスティア・ビバンコ
博物館もあるワインナリー

もっと見る

ピラール祭
サラゴサの守護聖母の為の祭り
スペインの伝統
■スペインの伝統文化     *芸術・美...
スペインのマナー事情
■スペインでの習慣マナー スペインの習慣マナーは日本のそれ...

もっと見る

最近見た記事
一覧見る