スペインのマナー事情

お気に入りに追加:0

スペインのマナー事情

■スペインでの習慣マナー

スペインの習慣マナーは日本のそれとは逆と言っていいほど違うので、旅行前に少し把握しておくと、

スペインをより一層たのしむことができる。

 

項目 注意点
あいさつ

お店やレストランに入って店員と目が合えば、こちらから気軽に「Hola オラ」と声を掛ける。

意見 YES,NOははっきり伝える。NOというのは失礼ではない。スペイン語では『Si はい』『No いいえ』。
喫煙

バル、レストラン、カフェ、ナイトクラブ、子供がいる公園や学校、病院など全ての公共空間は禁煙。

違反者は最大750ユーロの罰金が科せられる。

バル、レストラン、カフェなどは外に喫煙エリアがあるので、そちらを利用する。

*屋外での喫煙は自由。

写真撮影 軍事施設や空港、スペイン国鉄駅校内、中央郵便局の内部、デパートなど写真撮影が禁止されている。
服装

教会などでは肌の露出が多い服は控える。

ホテルではパジャマやスリッパで客室の外を出歩くのはマナー違反。

会話

宗教の話、プライベートな質問は控える。

また、人差し指でマルを作るOKサインは、スペインでは下品な意味のジェスチャーになるので使用しない。

食事

レストランでの注文は、前菜・メイン・デザートの最低3品頼むのが一般的。

皿を持ち上げる、音を立てる、食べ物を残す、これらはスペインではマナー違反なので注意。

レストランによっては子供の入店を断られることがある。

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(スペイン・マナー・年齢制限)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る